『さくらん』よりもカラフルでポップ『Presents〜うに煎餅〜』戸田恵梨香、平岡祐太初日舞台挨拶

最新ニュース

『うに煎餅』 メイン
  • 『うに煎餅』 メイン
  • 『さくらん』よりもカラフルでポップ『Presents〜うに煎餅〜』戸田恵梨香、平岡祐太初日舞台挨拶 メイン
  • 『さくらん』よりもカラフルでポップ『Presents〜うに煎餅〜』戸田恵梨香、平岡祐太初日舞台挨拶 サブ1
直木賞作家・角田光代の短編集「Presents」を連続映画化し、“21時からの新しいデートムービー”と銘打ってレイトショーの時間帯に上映するプロジェクトの第2弾作品『Presents〜うに煎餅〜』。本作が3月10日(土)初日を迎え、主演の戸田恵梨香、平岡祐太に石井貴英監督、そして森谷雄プロデューサーによる舞台挨拶が行われた。

大学時代からの恋人と新たに現れた“100点満点の男”の間で揺れる主人公・羽月を演じた戸田さん。平岡さんとは別のドラマと合わせて連続しての共演となったが「この作品の撮影を通して仲が深まったと思います」と笑顔を見せた。監督のことを「柔らかい雰囲気の方」と表現した戸田さん。「とても楽しい現場でした」と現場の雰囲気の良さを感じさせた。作品については「とってもポップでカラフルです。女性は共感してくれると思います」とアピールした。

平岡さんが演じたのは“100点満点の男”…ではなく大学時代からのうだつの上がらない恋人・悟。「僕が演じたのは“ダメ男”の役でしたが、ハートはあったかいヤツです。そんなダメ男を応援してもらえたら嬉しいです。ライバルに僕が勝てるところはないと思いますが、どうなるかは映画を観て確認してください」と語った。さてさて勝負の行方は——?

戸田さんの挨拶にもあったようにカラフルさは本作の大きな見どころのひとつ。森谷プロデューサーは「『さくらん』がカラフルな映画として大ヒットしているようですが、『Presents〜うに煎餅〜』はそれ以上にカラフルでポップな映画」と自信を見せた。

石井監督は「気楽に観られる映画だと思います。“こんなことあるよね”などと共感できるところもあるので、映画を観て小さな幸せを感じてくれたら、と思います」と挨拶。さらに詰めかけた観客に向けて「みなさんバラバラの感想を持たれると思いますが、感想などブログに書き込んでください。自分で探して見ますので」と呼びかけた。

2月のバレンタインデーを前に行われた完成披露試写会では、女性スタッフを代表して戸田さんから、男性陣に映画のタイトルにちなんだ、ハート型の煎餅が贈られた。初日を迎えたこの日は、ホワイトデーも間近ということでお返しに、男性陣を代表して平岡さんから戸田さんにハート型の花束が手渡された。最後に観客に向けて主演の2人からメッセージが。戸田さんは「カップルでも、友達同士や家族でも楽しめる作品です。今日だけじゃなく、また観に来てくれたら嬉しいです」と語り、平岡さんも「45分間という気軽に観られる作品ですので遊園地に行ったような感じで気楽に観てください」と呼びかけた。『Presents〜うに煎餅〜』は渋谷シネクイントほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top