紀香と陣内の子供は緑色? 浜ちゃんら『シュレック』チームがハッピーバースデイ!

最新ニュース

最初で最後? 吹き替え版キャスト勢揃いで紀香に「ハッピーバースデイ!」
  • 最初で最後? 吹き替え版キャスト勢揃いで紀香に「ハッピーバースデイ!」
  • NG連発で一触即発(?)の浜ちゃんと竹中直人 
  • フィオナ姫のようにママになる日も近い?
劇中のキャラクターよりも濃い9人が最初で最後の大集合! 6月30日(土)より公開される『シュレック3』の日本語吹き替え版特別試写会が28日(木)に開催され、吹き替えを担当した声優陣による舞台挨拶も行われた。登壇したのはシュレック役の浜田雅功(ダウンタウン)にフィオナ姫役の藤原紀香。さらに今回から本シリーズに登場したアーサー王子役の橘慶太(w-inds.)に、おなじみドンキー&長ぐつをはいた猫の山寺宏一と竹中直人。そしておとぎの国のプリンセスたちを演じた星野亜希、大沢あかね、光浦靖子、大久保佳代子と、なんと豪華総勢9名。つめかけた観客は吹き替え版『シュレック3』軍団の揃い踏みに大歓声を贈った。

この大集合、主役の浜ちゃんだけは参加が確定しておらず、当初はほかのキャストに交じって着ぐるみのシュレックが参加することになっていた。それを知ってか知らずか、浜ちゃんがいない壇上で竹中さんは「もう浜田くんが下手で下手で、NGばかり出してやりづらかった。本当に不愉快です」とダメ出し。山寺さんと手をつないで登場するわ、一人でステージから飛び降りるわのハイテンションぶりで、主役がいないのをいいことに、場の空気を独り占めしていた。ところがMCの「シュレックの登場です」という声と共に、着ぐるみと腕を組んで浜ちゃんが登場。マイクを受け取るやいなや浜ちゃんは「どーもどーも! 竹中直人がいろいろとやってたでしょ、まったく」と毒づく。そしてアテレコについて「いやー、竹中直人がNGばっかり出すんで、やりにくくて仕方なかったですね」とやり返すと竹中さんは「なにぃ? オモテに出るか?」と喧嘩モード。2人のやりとりに大きな笑いがおこった。

そんな彼らに負けず劣らずの大声援を受けていた橘さん。声優初挑戦を「本当に難しかったです」とふり返った。一番印象に残っているシーンを聞かれると「泣きまねをするシーン」を挙げ「一生忘れられないくらい、ふざけてやらせてもらいました」と語ってくれた。泣きまねシーンも楽しみですが、思いっきりふざけて泣きまねをする橘さんの姿がどんなものだったのか? とても気になります。

全身鮮やかな赤のキュロット型ワンピースで登場したヒロイン・紀香さんは「完成作を観るのは今日が初めて。フルメンバーが揃っていて気分も上がってます」と挨拶。会場のあちこちから「きれい!」、「かっこいい!」という声が上がった。そんな紀香さんのために、浜ちゃん来場にも勝るサプライズが! 実はこの日は紀香さんの誕生日。浜ちゃんプロデュースによる特製バースデイケーキが舞台上に運び込まれた。ケーキの上にちょこんと座ったベビーシュレックに感激する紀香さんだったが、浜ちゃんは「いやー、あんまかわいくないね。陣内と紀香の子供がこうであったらいいな」。客席からの「かわいい」という声にも「そっちから見たらかわいいけど、近くで見たら汚いよ」と再び毒づく。いやいや、かわいい…ですよね? 最後は壇上のキャストが観客の手拍子に合わせてバースデイソングを熱唱。紀香さんがロウソクを吹き消そうとしたそのとき! 浜ちゃんが横からフゥー。最後の最後まで“主役は自分だ!”と意地を見せつけた。6月30日(土)の公開が迫る『シュレック3』。観ながらついつい彼らの顔が浮かんでしまいそうな吹き替え版も楽しみだ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top