水嶋ヒロインタビュー 天才ギタリストを演じるための役作りはビジュアルから?

最新ニュース

『BECK ベック』 水嶋ヒロ photo:Yoshio Kumagai
  • 『BECK ベック』 水嶋ヒロ photo:Yoshio Kumagai
  • 『BECK ベック』 水嶋ヒロ photo:Yoshio Kumagai
  • 『BECK ベック』 水嶋ヒロ photo:Yoshio Kumagai
  • 『BECK ベック』 水嶋ヒロ photo:Yoshio Kumagai
  • 『BECK ベック』 水嶋ヒロ photo:Yoshio Kumagai
ハロルド作石の同名コミックを基に、音楽という絆で結ばれた若者たちの友情と成長を描く青春ストーリー『BECK』。いまをときめく豪華若手俳優たちが結集する中、水嶋ヒロが演じたのはニューヨーク帰りの天才ギタリスト、竜介だ。佐藤健扮する平凡な男子高校生・コユキに音楽の魅力を示し、バンドの世界へと導いていく竜介は、水嶋さんにとって「自分自身の体験を引っ張り出してきて演じることもあった役」だという。

「竜介はギタリストとして優れている一方、弱い人間でもある。そんな自分を強く見せていたり、それでも弱い部分が出てきてしまったりという彼の人間臭さが僕にとっては魅力でしたね。僕も竜介も同じ帰国子女ということで、気持ちの伝え方が分からなくて戸惑っているところにも共感できました。バンドのメンバーたちに本心を見せなかったり、つらく当たってしまうところなど、帰国子女ならではの感覚に近いものを感じましたね」。

累計発行部数1,500万部を超える大人気コミックが原作であるだけに、ビジュアル面の役作りにも心を砕いた。
「映画に関わる全員の中に、“なるべく原作コミックと一緒にしよう”という共通の意識がありました。それは衣裳や見た目も同じことで、僕自身も撮影に向けて調整していきましたが、竜介の場合、“どう見ても眉毛が細いな、コイツ”と(笑)。なので、まずは眉毛をブチブチと抜くことから始めましたね。まだ『MR.BRAIN』(TVドラマ)で林田という役を演じている最中のことだったんですが、どうしても眉毛を抜きたくなってしまって。でも、林田は前髪の長いキャラクターだったので、眉毛が隠れていてよかったです(笑)。あと、竜介の長髪は、撮影中に大変だったことの1つでしたね。暑いし、時間が経つと気が遠くなってくるんです。喋ると髪の毛が口に入ってきちゃいますし、慣れるのが大変でした」。

天才ギタリストという役柄に真実味を持たせるべく、撮影前からギターを特訓。「竜介という役を通して表現すべきギターパフォーマンスを目指しました」とふり返る。
「竜介の自信満々な雰囲気を出せるよう、短い期間ですが工夫して効率よく練習しました。練習期間は1か月半もなかったくらい。しかも毎日練習できたわけではなく、回数にすると本当に少なかったです。もちろん大変でしたが、頑張るしかなかったですね」。

撮影現場では仲間たちと作品を作り上げる一役者であると同時に、場を牽引する主演俳優でもあった。「常に凛としていたいなとは思いましたし、オンオフのスイッチはきちんと入れるよう心掛けていました。やることをやって結果を残していかなければ、誰も付いて来てくれませんから」と語る一方、仲間との距離を感じさせる竜介としての在り方も意識したという。
「共演のみんなとは1つの目標を共有する仲間でしたから楽しくやっていましたが、その中で意識したのは、少しだけ距離を取ること。ほかの現場では周りと密に話し合ったりしますが、あえてそのプロセスを省き、竜介特有の浮いている感じや陰につなげられればいいなと考えていた自分もいます。もしかしたら、(佐藤)健は別の現場にいるときの僕との違いに気づいていたかもしれません。もう3作目の共演なので」。

※水嶋ヒロロングインタビューをシネマカフェにて掲載中

シネマカフェSweet「見つめられてドキっ」
http://www.cinemacafe.net/sweet/mizushima/

《photo:Yoshio Kumagai / text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top