【TIFFレポート】仲村トオル 俳優デビュー25周年50度カクテル一気飲み「ファイヤー!」

最新ニュース

『行きずりの街』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『行きずりの街』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『行きずりの街』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『行きずりの街』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『行きずりの街』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『行きずりの街』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『行きずりの街』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『行きずりの街』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『行きずりの街』舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『行きずりの街』に主演する仲村トオルが10月25日(月)、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた第23回東京国際映画祭での上映の舞台挨拶で、俳優生活25周年を共演の小西真奈美、阪本順治監督らからアルコール度数50度の特製カクテルと共に祝福された。

1985年公開の映画『ビー・バップ・ハイスクール』でデビューして今年で25年目、本作が出演映画50本目という節目を祝い、仲村さんは25年モノの50度ウイスキー「カリラ」をベースにした特製カクテル、小西さんらは薔薇のリキュールとシャンパンのカクテルでカンパイ。酒が強い仲村さんはクイッとひと息に飲み干し「ファイヤー! な感じです」と満面の笑み。司会者から大丈夫? と聞かれ「全然大丈夫ですよ」と大酒豪ぶりを見せつけた。

阪本監督もほぼ一気飲みしてみせ「ジュースみたい」と物足りなさげ。小西さんは「飲むと赤くなってみなさんの前に出てはいけないような状態になるので…」とひと口だけなめて「美味ファイヤーです」。続けて27日(水)に迎える32歳の誕生日をひと足早くサプライズで祝福され、仲村さんから花束を手渡されると頬を赤らめて喜んでいた。

本作は、1992年に「このミステリーがすごい!」で1位に選出された作家・志水辰夫の同名小説を原作に、12年前にかつての教え子との結婚が原因で名門学園の教職を追われた男・波多野(仲村さん)が、学園が関わる黒い事件に一人で立ち向かう姿を描く恋愛ミステリー。劇中に引っ掛け、12年間、1人の相手を想い続けることができるか? という質問に仲村さんは「僕は(女優の鷲尾いさ子と)結婚して15年になりますが、15年前と全く変わらない気持ち」と愛妻家ぶりをアピール。小西さんは「この人だ! と思うたった一人の人と出会って想い続けるのは女性としては運命的で素敵なコト」とウットリ。現在20歳の南沢奈央は「12年前を思うと…」と考え込み、司会者から「8歳じゃないですか」と突っ込まれながらも「容姿も性格も変わるので、相当強い愛なんだなと思います」と12年愛に思いを馳せていた。ほかに主題歌「再愛〜Love you again〜」を歌う女性歌手megも出席した。

『行きずりの街』は11月20日(土)より全国にて公開。



特集「東京国際映画祭のススメ2010」
http://www.cinemacafe.net/special/tiff2010/
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top