チャニング・テイタムが伝説のスタントマンに挑戦!? 命がけの新作が明らかに

最新ニュース

チャニング・テイタム
  • チャニング・テイタム
チャニング・テイタムが、新作伝記映画で伝説のスタントマン、イーヴル・クニーヴルを演じることになりそうだ。車をたくさん並べてバイクで飛び越えるなど、決死のスタントで有名なイーヴルの生涯を描いた作品への出演交渉中のチャニングは、自身の映画製作会社アイアン・ホース・エンターテインメントのビジネスパートナーで、同作の脚本も担当するリード・キャロリンと共にプロデュースする見込みだという。

また先日、人気官能小説「Fifty Shades of Grey」(原題)の映画化を手掛けることが決まったばかりの『ソーシャル・ネットワーク』のプロデューサーコンビ、マイケル・デ・ルカとデイナ・ブルネッティが、コロンビア・ピクチャーズの下で本作のプロデュースも担当することが決定している。

イーヴルが映画で描かれるのはこれが初めてではなく、1971年にジョージ・ハミルトン主演で『イーヴル・クニーヴル』が、1977年にもイーヴル本人が主演を務めた『ビバ・ニーベル』の2本が製作されており、マックG監督が2004年に『ピュア・イーヴル』と呼ばれる伝記作品を手掛けているとうわさされていたが、その後製作は頓挫している。

今回チャニングが出演する見込みの本作は、スチュワート・バーカーが2008年に出版した「Life of Evel」に基づいて作られる予定。そんなチャニングは今後、実在したオリンピック金メダリストで世界チャンピオンのレスラー、デーブ・シュルツを描いた『Foxcatcher』(原題)の撮影に参加するなど、肉体派俳優としての活躍が見られそうだ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top