JUJU、7年越しの幻の名曲が松坂桃李主演作で日の目を浴びる!

最新ニュース

『ツナグ』主題歌決定リリース
  • 『ツナグ』主題歌決定リリース
若手女流作家・辻村深月のベストセラー小説を原作に、『アントキノイノチ』、『今日、恋をはじめます』など話題作への出演が続く人気若手俳優・松坂桃李を主演に迎えて映画化した『ツナグ』がこの秋、公開となる。このたび、本作の主題歌に人気女性シンガー、JUJUの7年越しの名曲「ありがとう」が起用されることが決定した。

若者の微妙な心情や思春期独特の揺れ動く心情を捉えた透明感のある作風で女性からの支持を集める辻村深月の人気小説を原作とする本作。死者との再会を望む人のために仲介役を司る“ツナグ”として、他人の人生に深く関っていく一人の青年の心の葛藤と成長が描かれる。

今回、主題歌に抜擢されたJUJUの「ありがとう」は彼女の真骨頂とも言われるバラード曲。デビュー当時からライヴで披露されており、ファンの間では人気曲「奇跡を望むなら…」と肩を並べる名曲として語り継がれてきた同曲が、7年の歳月を経てついに日の目を浴びることになった。JUJU本人も「今回の楽曲は、約7年間温め続けた、私にとっても大切な楽曲」とこの抜擢を受け感動もひとしお。「人と人との絆の大切さを描いた作品だからこそ、かけがえのない人に出会えたことに“ありがとう”と、ご覧になった方に、共感していただける楽曲になることを願っております」と喜びのコメントを寄せている。

一足先に同曲を聴いた松坂さんは、「JUJUさんの声は歌詞の世界観にスッと入っていける」とその魅力を語り、「メロディ、詞、声、全てから会いたい人への気持ちがあふれていて感動しました。この楽曲が『ツナグ』の一部となり、スクリーンで流れるのがいまから楽しみです」と今回のタッグへの期待を隠せないよう。

松坂さん演じる歩美の祖母を演じる名女優・樹木希林を筆頭に佐藤隆太、桐谷美玲、橋本愛、別所哲也、本上まなみ、浅田美代子、八千草薫、そして仲代達矢と日本映画界を代表する錚々たる顔ぶれが紡ぐ“再会”の物語。「人と人との運命とも言える出逢いと、その出逢えたことに関する感謝の気持ち」を歌うJUJUの楽曲とその優しい歌声は、どのように響くのか? 主題歌「ありがとう」は、映画公開に合わせて、“JUJUの日”である10月10日(水)にリリースされる。

『ツナグ』は10月6日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top