榮倉奈々、今後やりたい役は「内緒で…」 日本映画プロフェッショナル大賞発表!

最新ニュース

「第21回日本映画プロフェッショナル大賞授賞式」
  • 「第21回日本映画プロフェッショナル大賞授賞式」
  • 「第21回日本映画プロフェッショナル大賞授賞式」
  • 「第21回日本映画プロフェッショナル大賞授賞式」
5月26日(土)夜、テアトル新宿にて第21回日本映画プロフェッショナル大賞の授賞式が行われ、立ち見を含めて約230人の映画ファンが押し寄せる中、主演女優賞を受賞した榮倉奈々を始め、西島秀俊(主演男優賞)、大根仁監督(新人監督賞)ら受賞者が登壇した。

「日本映画プロフェッショナル大賞」とは、作品の評価が高いにも関わらず、既成の映画賞では受賞に至らなかった映画、または興行面でいい結果を出せなかった作品にスポットを当てようと1992年に設立された賞。毎年、独自の視点で監督やプロデューサー、脚本家、配給宣伝、興行関係者などの映画界で活躍するメンバーによってベストテンと個人賞が選出される。今年は作品賞に平野勝之監督『監督失格』が選ばれたほか、『CUT』が監督賞と主演男優賞の2部門にて受賞した。

『アントキノイノチ』(瀬々敬久監督)、『東京公園』(青山真治監督)での演技が高く評価され、主演女優賞の栄冠を手にした榮倉さんは「まさか2つの映画が対象で受賞できるなんて、夢のよう」と今回の受賞をいまだに信じられない様子。2作品共に「命」がテーマとして描かれているが、「撮影中よりは、作品になってから“命”について考えることがあった」と明かした。

さらに、2つの映画に出演してみての感想を尋ねられた榮倉さんは、「みなさん、人間としてやっていることを楽しんでいるし誇りに思っている。私も出演したことでそうだなあと、信じさせてもらえました」としみじみ。「今後やってみたい役は?」と聞かれると「内緒で…」と答え、会場を沸かせた。2010年には『余命1ヶ月の花嫁』で日本アカデミー賞新人俳優賞も受賞した榮倉さん。今回の快挙はさらなる躍進を感じさせるものとなった。

第21回日本映画プロフェッショナル大賞一覧
作品賞:『監督失格』
主演女優賞:榮倉 奈々(『アントキノイノチ』『東京公園』
主演男優賞:西島 秀俊(『CUT』
監督賞:アミール・ナデリ(『CUT』
新人監督賞:前田弘二(『婚前特急』)、大根仁(『モテキ』
功労賞:緑魔子(『軽蔑』
特別賞:千葉 善紀(『恋の罪』

公式サイト::http://nichi-pro.filmcity.jp/

『アントキノイノチ』DVD
価格:5,985円(税込)

『アントキノイノチ』ブルーレイ
価格:6,930円(税込)

発売元・販売元:ポニーキャニオン
発売中

© 2011「アントキノイノチ」製作委員会
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top