2011年1月の最新ニュース インタビュー記事一覧

『ジーン・ワルツ』海堂尊インタビュー 納得の出来に原作者も「危険な映画(笑)」 画像
インタビュー

『ジーン・ワルツ』海堂尊インタビュー 納得の出来に原作者も「危険な映画(笑)」

『チーム・バチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』といった医療ミステリー映画の原作者であり、作家デビューわずか5年たらずでスター作家の地位を確立した海堂尊。彼の小説の面白さは、なんと言っても外科医を経て現在は病理医という“現役の医師”であるからこその豊富な医学知識と医療行政への鋭い指摘にあり、新作が発表されるたびに注目を浴びている。そして、海堂氏にとって9作目となる「ジーン・ワルツ」は菅野美穂の主演で3作目の映画化となった。産婦人科医療を舞台にしたドラマティックな物語がスクリーンに登場する。

キム・ミョンミン、過酷な撮影に本音チラリ?『私の愛、私のそばに』メイキングが到着 画像
インタビュー

キム・ミョンミン、過酷な撮影に本音チラリ?『私の愛、私のそばに』メイキングが到着

2009年、韓国中を感動の涙で包み、同年No.1の大ヒットを記録したラブストーリー『私の愛、私のそばに』がいよいよ、2月5日(土)より劇場公開となる。これに先駆けて、主演のキム・ミョンミン&ハ・ジウォンによるインタビュー、そして2人の役者魂を感じさせるメイキング映像が到着した。

ロバート・ダウニー・Jr.が共演者と一触即発? 最新作のインタビュー動画到着! 画像
インタビュー

ロバート・ダウニー・Jr.が共演者と一触即発? 最新作のインタビュー動画到着!

現在大ヒット公開中の『デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜』に出演するロバート・ダウニー・Jr.とザック・ガリフィアナキスの爆笑インタビュー動画がシネマカフェで先行公開された。

『グリーン・ホーネット』セス・ローゲン×ジェイ・チョウ 2人が憧れるヒーローは… 画像
インタビュー

『グリーン・ホーネット』セス・ローゲン×ジェイ・チョウ 2人が憧れるヒーローは…

ダメダメお坊ちゃま社長ブリット・リードとクールなお抱え運転手カトーが、ロスの街に出没する“グリーン・ホーネット”となって悪者たちをやっつける! 3D公開で話題沸騰中の『グリーン・ホーネット』は、鬼才ミシェル・ゴンドリー監督による斬新な映像と主演俳優セス・ローゲン&ジェイ・チョウの凸凹コンビが大きな魅力。そこで、公開直前に来日したセス&ジェイを直撃し、“『グリーン・ホーネット』が面白いワケ”を探った。

堀北真希、高良健吾インタビュー 『白夜行』の裏に隠された葛藤と本音 画像
インタビュー

堀北真希、高良健吾インタビュー 『白夜行』の裏に隠された葛藤と本音

東野圭吾のベストセラー作「白夜行」はその複雑でドラマティックなストーリーが作り手を刺激し、すでに舞台や連続ドラマ、韓国で映画化されている。それを改めていま、日本で映画化するのは大きな賭けと言える。だが、深川栄洋監督、堀北真希、高良健吾という若い才能を得て、父親を殺された少年と母親が容疑者となった少女の壮絶な19年の物語は新たな姿を得た。つらすぎる過去を背負い、美しき悪女となる雪穂を演じた堀北真希、雪穂の影のように生きる亮司を演じた高良健吾に話を聞いた。

エイドリアン・グレニアー×堀内葉子インタビュー セレブがパパラッチを撮った! 画像
インタビュー

エイドリアン・グレニアー×堀内葉子インタビュー セレブがパパラッチを撮った!

セレブリティとパパラッチ。この切っても切り離せない敵対関係に、あえて興味を持ったひとりのセレブがいる。映画監督で、『プラダを着た悪魔』の恋人役、また人気TVドラマ「アントラージュ★オレたちのハリウッド」主演でも知られる俳優、エイドリアン・グレニアー。日々パパラッチに追われる身でありながら、パパラッチのリアルを撮ったドキュメンタリー『ティーンエイジ・パパラッチ』を引っさげ初来日を果たしたエイドリアンにモデル・堀内葉子がインタビューした。

吹越満インタビュー 「いつも『俳優になりたい』って気持ちで仕事してます」 画像
インタビュー

吹越満インタビュー 「いつも『俳優になりたい』って気持ちで仕事してます」

映画やドラマで静かに、しかし確かな存在感を感じさせたかと思えば、一転、舞台の上ではこれが同一人物かと見まがうようなコミカルな一面を見せる。吹越満とは何とも不思議な俳優だ。その奇妙な(失礼!)佇まいはインタビューで対峙してもやはり、変わらない。そんな彼が主演を務める映画『冷たい熱帯魚』がまもなく公開となる。メガホンを握ったのは、日本の映画監督の中でも数少ない“鬼才”という形容が似合う監督・園子温。吹越さんは堕ちて、堕ちて、ひたすら堕ちる、救いようのない主人公・社本を演じている。園子温vs吹越満——。タッグを組むのは今回で3度目、主演としては初めてとなったが、吹越さんはこの強烈極まりない作品に何を感じ、どのような思いで臨んだのか——?

大森南朋×松嶋菜々子インタビュー 思わずふたりがキュンとした犬の仕草は…? 画像
インタビュー

大森南朋×松嶋菜々子インタビュー 思わずふたりがキュンとした犬の仕草は…?

喜びをともにし、時に救いをも与えてくれるペットたち。人間よりもずっと短い寿命を生きる中でかけがえのない存在として、私たちの人生に灯りをともし、大切な何かを残してくれる。映画『犬とあなたの物語 いぬのえいが』は文字通り、犬と飼い主たちのひとときを切り取った作品。大森南朋と松嶋菜々子は新たなマンションに越してきて、犬を飼い始める夫婦を演じている。初共演となったふたりが、どのように“夫婦”という関係を築いていったのか? 悲しい運命に立ち向かうふたりの姿に何を感じたのか? そして大森さん、松嶋さんと犬のカンケイは…?

「LOST」ソーヤー役 J・ホロウェイ “惜別”インタビュー「これから寂しくなるね…」 画像
インタビュー

「LOST」ソーヤー役 J・ホロウェイ “惜別”インタビュー「これから寂しくなるね…」

全米で2004年から放送が開始され、謎が謎を呼ぶ展開で6シーズンにわたり多くの視聴者の心を掴んできた「LOST」。全ての謎が明かされ、ついに終幕となるファイナル・シーズンのDVDが、日本でも1月19日(水)に発売となる。これまで数え切れないほどの個性的なキャラクターが登場し、時空をも超えてそれぞれの人物の様々なエピソードが語られてきたが、中でもひと際人気の高い、ソーヤー役のジョシュ・ホロウェイのインタビューが到着! ソーヤーという男、そして彼が迎える運命について、さらには作品や共演者に対する思いを6シーズン分熱く語ってくれた。

ナオミ・ワッツ インタビュー “愛する人”をお腹に宿しての撮影がもたらした変化  画像
インタビュー

ナオミ・ワッツ インタビュー “愛する人”をお腹に宿しての撮影がもたらした変化

まもなく公開となる『愛する人』でナオミ・ワッツが演じるのは、母の愛を知らずに育ち、思いもよらぬ妊娠を契機に37年間会っていない母に思いをめぐらせるエリザベス。アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞で主演女優賞候補に名を連ねた『21グラム』をはじめ、ナオミ・ワッツにとって“母”を演じるのは未知の領域ではない。だが、本作は、彼女が実際に妊娠している最中に撮影が行われ、実際に彼女は妊娠中のお腹を堂々と披露し、妊婦の役を演じているのである。映像的な面でのリアリティのみならず、心境の上でも、妊娠、出産という経験は彼女に何を与えたのか? 作品に込めた思いと共に彼女が語ってくれた。

大政絢インタビュー「仕事で泣きそうになること? ある…けど我慢してます(笑)!」 画像
インタビュー

大政絢インタビュー「仕事で泣きそうになること? ある…けど我慢してます(笑)!」

モデルとして絶大な人気を誇り、さらに「恋する日曜日」、「ケータイ刑事」、「怪談新耳袋」など、数々の人気女優を輩出してきたおなじみのシリーズで主演を張るなど、女優としても目覚しい活躍を見せる大政絢。今年は「ケータイ刑事」の映画版第3弾に、人気漫画の実写版として話題を集める『パラダイス・キス』、さらに1月クールのTVドラマでも「美咲ナンバーワン!!」(日本テレビ)など出演作品が目白押し。中でも累計130万部を超える人気ライトノベルの実写版であり、彼女が“猟奇的な”ヒロインを演じることで注目を集めているのが『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』。まもなく20歳。ブレイク間近の彼女が、見事な“壊れっぷり”を見せてくれている本作について語ってくれた。

『ギャングスタ』崎本大海インタビュー 人生初の殴り合いから得た発見 画像
インタビュー

『ギャングスタ』崎本大海インタビュー 人生初の殴り合いから得た発見

2010年は主演映画『草食系男子。』が公開、さらに連続ドラマ「闇金ウシジマくん」(TBS)をはじめTVでも活躍する崎本大海。舞台にバラエティ、さらにはCDデビューと活動の場を一気に広げた彼が、“肉食系女子”に迫られ、狼狽した『草食系男子。』とは180度タイプの異なる映画『ギャングスタ』がまもなく公開となる。“ギャングスタ”とは不良どもが集まる明王工業を制覇した者に与えられる称号。崎本さん演じる銀二は、白石力(久保田悠来)の腕っ節の強さにほれ込み、彼をギャングスタにすべく奔走する。人気作家・新堂冬樹による男たちのための男くさ〜いこの映画に崎本さんはどのように臨んだのか——?

『ソーシャル・ネットワーク』インタビュー ジェシー・アイゼンバーグが感じた価値観 画像
インタビュー

『ソーシャル・ネットワーク』インタビュー ジェシー・アイゼンバーグが感じた価値観

5億人を超えるユーザーを持つ巨大SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)“Facebook”を作った青年マーク・ザッカーバーグを演じたことで、俳優ジェシー・アイゼンバーグの名は広く世界に知れ渡った。現在27歳のその若き俳優はいったいどんな人物なのか──。お世辞にも美男子とは言えないが、『ハンティング・パーティ』('07)、『アドベンチャーランドへようこそ』('09)、『ゾンビランド』('09)などに出演し、着実にキャリアを積み上げてきた実力ある俳優のひとりだ。そして、デヴィッド・フィンチャー監督のもと『ソーシャル・ネットワーク』でその実力が露わになった。

    Page 1 of 1
    page top