大政絢インタビュー「仕事で泣きそうになること? ある…けど我慢してます(笑)!」

最新ニュース

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』 大政絢
  • 『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』 大政絢
  • 『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』 大政絢
  • 『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』 大政絢
  • 『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』 大政絢
  • 『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』 大政絢
  • 『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』 大政絢
モデルとして絶大な人気を誇り、さらに「恋する日曜日」、「ケータイ刑事」、「怪談新耳袋」など、数々の人気女優を輩出してきたおなじみのシリーズで主演を張るなど、女優としても目覚しい活躍を見せる大政絢。今年は「ケータイ刑事」の映画版第3弾に、人気漫画の実写版として話題を集める『パラダイス・キス』、さらに1月クールのTVドラマでも「美咲ナンバーワン!!」(日本テレビ)など出演作品が目白押し。中でも累計130万部を超える人気ライトノベルの実写版であり、彼女が“猟奇的な”ヒロインを演じることで注目を集めているのが『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』。まもなく20歳。ブレイク間近の彼女が、見事な“壊れっぷり”を見せてくれている本作について語ってくれた。

壊れたキャラだからこそあえて「まーちゃんの“普通の部分”を意識した」

大政さん演じるマユ(まーちゃん)と、染谷将太扮するみーくんは、10年前に起こった誘拐監禁事件で共に生き残った被害者であり、壮絶な過去のトラウマをそれぞれ違った形で抱えている。特にかわいらしい外見と裏腹に、屈託のない笑顔を浮かべたまま残酷さを発揮するまーちゃんのキャラクターは際立っているが、大政さんが強く意識したのは「まーちゃんの普通の部分」だったという。
「確かに最初に脚本を読んだときは“ぶっ飛んでる”という印象を持ったんですが、演じていくうちにそうしたイメージは薄れていきましたね。逆に、純粋で真っ直ぐな、かわいい女の子だな、と。監督からも『狂気の要素を持っているからこそ普通に演じてほしい』と言われて、彼女の普通さが伝わるようにと演じました。みーくんもすごく純粋で、物語についても、残酷な部分というのはあるんですが、みーくんとまーちゃんのかわいらしい恋愛の部分の印象が強くて、ポップでかわいい作品になったなと思います」。

「役柄を作り上げていくことに難しさは感じなかった」と何とも頼もしい言葉を口にする大政さん。だが、これは監督、染谷さんと共に段取りとリハーサルを徹底して行ったからこそ生まれた自信だという。
「リハーサルや段取りについては、クランクインする前から(瀬田なつき)監督と何度も繰り返していて、クランクイン後も時間があれば、すぐに染谷くんと3人で部屋にこもってました。そういう意味で、撮影に入る前に役は掴めていましたね。だから現場でも、染谷くんというよりはみーくんと話してる時間がすごく長かった(笑)。染谷くんと大政絢で話してるイメージではなくて、現場でもみーくんとまーちゃんでした」。

「演じながら、新しい発見があるのが楽しい」とは女優という仕事の楽しさを尋ねる質問への答え。今回の現場で学んだの「喜怒哀楽の切り替え」だったという。
「私自身、素では怒ったり泣いたりってあまり外に出さないタイプなので、逆にマユはそういうのがハッキリと出せてかわいいなぁと思いましたね」。

大政さんお気に入りのシーン&衣裳は…?

ついでに大政さんの“自己分析”を聞いてみよう。
「そもそも、感情を表に出さないと言うより、イライラすることが少ないかな…。あまり怒りを感じないというか。『悔しいなぁ』と思うときはありますね。でも、人前では泣くのは我慢します(笑)! 仕事で悔しくて泣きそうになること? ありますけど…我慢してます! 周りにはマイペースだっていつも言われてますね。マイペースな方です(笑)」。

まーちゃんは制服姿に加え、私服姿もキュート! 本作に限らず、大政さんは衣裳に関して常にスタッフと話し合いを重ねるという。
「話し合いはいつもしてますし、衣裳合わせもいつも何度も何度も繰り返してます。今度のドラマ(『美咲ナンバーワン!!』)も含めて制服を着る機会は多いですが、どういう着こなしを見せるかというのも大切にしてます。今回のマユは、本当に色とりどりの衣裳が多くて、その部分のかわいらしさを一番に表現できるようにしました。みーくんとまーちゃんが自転車でデートするシーンが爽やかでかわいらしくてすごく好きなんですけど、そのときのワンピースは衣裳さんの手作りで、すごく気に入ってます!」。

「大きな目標というより、いま、頂いている仕事を丁寧にやりたい」と大政さん。さらにこんなことも。
「モデルと女優を両立してずっと続けていきたい、という思いは強くあります。自分の中ではこの2つの仕事はそれぞれ違うものとして現場に臨んでいるんですが、互いに影響し合っている部分もあります。女優については、やっぱり周りから『よくなったよ』と言われると嬉しい。新しい役や大きな役をいただけるようになるにつれて責任やプレッシャーも大きくなるけど、だからこそ壁を乗り越えたら楽しいです」。

凛とした笑顔が印象的な彼女。これから、20代の真っ白なキャンパスにどんな絵を描いていくのか——。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top