念願叶った! 「ディズニー大好き」松坂慶子、全米No.1作のナレーションに挑戦!

白雪姫にシンデレラ、オーロラ姫(『眠れる森の美女』)…。少女が夢見る、数々のプリンセスを生み出してきたディズニーが贈る、新たなプリンセスの物語『魔法にかけられて』。オリジナル版ではディズニー作品常連の大女優、ジュリー・アンドリュースが務めた本作のナレーションの日本語吹き替えを、ベテラン女優の松坂慶子が担当することが決定。12月18日(火)、都内スタジオに集まったマスコミ陣を前に、そのナレーション収録が公開された。

最新ニュース レポート
『魔法にかけられて』松坂慶子、念願のナレーションに挑戦! 
  • 『魔法にかけられて』松坂慶子、念願のナレーションに挑戦! 
白雪姫にシンデレラ、オーロラ姫(『眠れる森の美女』)…。少女が夢見る、数々のプリンセスを生み出してきたディズニーが贈る、新たなプリンセスの物語『魔法にかけられて』。オリジナル版ではディズニー作品常連の大女優、ジュリー・アンドリュースが務めた本作のナレーションの日本語吹き替えを、ベテラン女優の松坂慶子が担当することが決定。12月18日(火)、都内スタジオに集まったマスコミ陣を前に、そのナレーション収録が公開された。

この日披露されたのは、「むか〜し、昔…」という重要なオープニングのナレーションの収録風景。ハリウッド作品のナレーションは初挑戦となる松坂さんの真剣な眼差しがうかがえた。そんな松坂さん、実はディズニー作品の大ファンだそうで、年12回以上は家族と一緒にディズニーランドへ行くほどだとか。「子供の頃からずっとディズニーの大ファンでした。このお話が来たとき、“やっと来た!”って、とても嬉しかったです。ですから、素敵なナレーションにしたかったし、その分とても緊張しました」と喜びを語った。家族でディズニーを楽しむ松坂さんに家族円満の秘密について聞くと「この作品のように良いものや楽しいことに触れているのが一番」と教えてくれた。今年一年のふり返りと来年の抱負については、「最後にこの作品に関われて嬉しい。来年の抱負は、この作品の大ヒットです!」と、周囲を笑わせた。そしてこの日特別に用意されたクリスマスツリーに、本作にも登場するリンゴの飾り物をディスプレイし、映画の大ヒットを祈願した。

松坂さんが「ディズニーを超えたディズニー作品。アニメの世界のお姫様や王子様が、現代のN.Y.にやって来て、どこでも歌を歌いはじめたり、タイツ姿で現れたりと、パロディの要素もある懐の広い作品です。そして、どのキャラも主役と言えるほど魅力的。本当に温かい気持ちになれる作品です」と語る本作。日米ともに大女優が魅せるナレーションも気になる『魔法にかけられて』は、2008年3月14日(金)より日劇3ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top