※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ヘイデン・クリステンセン、最新主演作のプレミアにうわさの彼女と一緒に出席

ヘイデン・クリステンセン主演の最新作『ジャンパー』のニューヨーク・プレミアが11日、ジーグフェルド・シアターで行われ、ヘイデンや共演のレイチェル・ビルソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジェイミー・ベル、そしてダグ・リーマン監督らが出席した。

最新ニュース ゴシップ
注目記事
『ジャンパー』のN.Y.プレミアに出席したレイチェル・ビルソンとヘイデン・クリステンセン
  • 『ジャンパー』のN.Y.プレミアに出席したレイチェル・ビルソンとヘイデン・クリステンセン
ヘイデン・クリステンセン主演の最新作『ジャンパー』のニューヨーク・プレミアが11日、ジーグフェルド・シアターで行われ、ヘイデンや共演のレイチェル・ビルソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジェイミー・ベル、そしてダグ・リーマン監督らが出席した。

空間を自由自在に瞬間移動できる能力を持つ人々“ジャンパー”と、彼らの抹殺を企む組織“パラディン”の対決を描くSFアクション作で、ヘイデンはジャンパーの青年・デヴィッドを演じる。この作品での共演がきっかけで、ヘイデンとレイチェルには恋のうわさも立っていて、昨夏には一緒にカリブ海へ旅行したり、その後もデートの目撃情報が後を絶たない。

レイチェルは腕にヘイデンの頭文字を想起させるHの文字をあしらったブレスレットをしているが、2人の関係についてはインタビューでも明言せず、「いまはハッピーよ。恋愛についてもね」とだけ語っている。

2人はジェイミー・ベル、リーマン監督と一緒に、26日に行われる『ジャンパー』のジャパン・プレミアに出席するため、来日の予定。映画は日本では、3月7日より公開される。



© Getty Images/AFLO
《冨永由紀》

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

+ 続きを読む

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top