『ニモ』越えなるか? 『WALL・E/ウォーリー』ピクサー歴代1位の初日スタート

『トイ・ストーリー』に始まり、『ファインディング・ニモ』、『Mr.インクレディブル』など、日本のスタジオジブリと並んでアニメ映画界をリードしてきたディズニー/ピクサー。その最新作『WALL・E/ウォーリー』(『ファインディング・ニモ』のアンドリュー・スタントン監督)が6月27日(金)に全米3,992スクリーンで公開され、『ゲット スマート』、『カンフー・パンダ』、『インクレディブル・ハルク』(先週末のTOP3)を抑え、初登場首位を獲得した。週末3日間の興行収入は6,250万ドル。

最新ニュース
『WALL・E/ウォーリー』 -(C) WALT DISNEY PICTURES/PIXAR ANIMATION STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『WALL・E/ウォーリー』 -(C) WALT DISNEY PICTURES/PIXAR ANIMATION STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.
『トイ・ストーリー』に始まり、『ファインディング・ニモ』、『Mr.インクレディブル』など、日本のスタジオジブリと並んでアニメ映画界をリードしてきたディズニー/ピクサー。その最新作『WALL・E/ウォーリー』『ファインディング・ニモ』のアンドリュー・スタントン監督)が6月27日(金)に全米3,992スクリーンで公開され、『ゲット スマート』『カンフー・パンダ』『インクレディブル・ハルク』(先週末のTOP3)を抑え、初登場首位を獲得した。週末3日間の興行収入は6,250万ドル。

歴代のディズニー/ピクサー作品においては、2003年の『ファインディング・ニモ』(7,025万ドル)、翌2004年の『Mr.インクレディブル』(7,047万ドル)、2001年の『モンスターズ・インク』(6,258万ドル)に続く好成績。27日(金)初日の興行成績、2,310万ドルはディズニー/ピクサーの全9作中最高の初日興行成績を達成した。

全米のマスコミからも絶賛を受けており、早くも“アカデミー賞候補”の呼び声が高い『WALL・E/ウォーリー』は、全米でのディズニー/ピクサー作品史上最高の成績を収めている『ファインディング・ニモ』(3億3,970万ドル)に迫ると見られている。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top