ピープルズ・チョイス・アワードで『ダークナイト』が5冠達成!

インターネットでの一般投票で、映画・TV・音楽のお気に入りを決めるピープルズ・チョイス・アワードの授賞式が7日、ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで行われ、映画では『ダークナイト』がノミネートされた5部門全てを制覇、圧倒的な支持を得た。

最新ニュース ゴシップ
トロフィーを手に感謝の言葉を口にしたクリスチャン・ベイル -(C) Reuters/AFLO
  • トロフィーを手に感謝の言葉を口にしたクリスチャン・ベイル -(C) Reuters/AFLO
インターネットでの一般投票で、映画・TV・音楽のお気に入りを決めるピープルズ・チョイス・アワードの授賞式が7日、ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで行われ、映画では『ダークナイト』がノミネートされた5部門全てを制覇、圧倒的な支持を得た。

1月24日(土)から日本で再公開される『ダークナイト』は、「スーパーヒーロー」、「映画」、「アクション映画」、「キャスト」、そして「スクリーンでの対決(クリスチャン・ベイルとヒース・レジャー)」の各部門でお気に入りに選出された。

ステージに上がり、トロフィーを受け取ったクリスチャン・ベイルは「映画のキャスト全員を代表して、ファンのみなさんに感謝します」と挨拶し、手にしたトロフィーを掲げると「ヒースに捧げます」と付け加えた。

映画部門のそのほかのお気に入りは、コメディ映画が『幸せになるための27のドレス』、映画男優がアクション男優部門でも選ばれたウィル・スミス、映画女優は2年連続でリース・ウィザースプーン。主演男優にブラッド・ピット、主演女優にケイト・ハドソン、アクション女優にはアンジェリーナ・ジョリーが選出された。



© Reuters/AFLO
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top