伊坂ワールドで暗躍する“泥棒”堺雅人の映像が解禁 『ラッシュライフ』予告編が到着

新作が出版されるたびにベストセラーとなる一方で、既刊の著作の映画化が続々と決定するなど、半ば社会現象とも言えるほどの話題を集めている作家・伊坂幸太郎。2002年に発表され、伊坂さんがを注目を浴びるきっかけになった小説「ラッシュライフ」がこのほど、東京芸術大学・映像研究科によって映画化された。6月の公開に先駆けて、気になる本作の予告編が到着した。

最新ニュース スクープ
『ラッシュライフ』 -(C) 2009「ラッシュライフ」製作委員会
  • 『ラッシュライフ』 -(C) 2009「ラッシュライフ」製作委員会
新作が出版されるたびにベストセラーとなる一方で、既刊の著作の映画化が続々と決定するなど、半ば社会現象とも言えるほどの話題を集めている作家・伊坂幸太郎。2002年に発表され、伊坂さんがを注目を浴びるきっかけになった小説「ラッシュライフ」がこのほど、東京芸術大学・映像研究科によって映画化された。6月の公開に先駆けて、気になる本作の予告編が到着した。

物語の中心となるのは4人の男女。彼らの人生が絡み合い、意外な展開を見せながらエンディングへと向かっていく。中でも注目は、独自の美学を貫き、原作ファンからも絶大な人気を誇る孤高の泥棒・黒澤を演じる堺雅人。つい先頃、『ジェネラル・ルージュの凱旋』が公開され、『南極料理人』『クヒオ大佐』など今後も話題作への主演が続き、“いま映画監督が最も一緒に仕事をしたい俳優”と言える堺さんが、伊坂ワールドでどのような演技を見せてくれるのか? 原作ファンならずとも気になるところだ。

ほかにも寺島しのぶ扮する不倫中のカウンセラーに、板尾創路演じる失業したサラリーマン、そして柄本佑が演じる“神”を信じる青年など、それぞれの物語の一端が明らかに。これら絶望と希望に満ちた4人のドラマが映画の中でどのように交錯していくのか——?

『ラッシュライフ』は6月、新宿バルト9にて公開。

こちらの予告編は『ラッシュライフ』作品情報ページでもご覧いただけます。
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/22299/
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top