小池徹平、森本レオが監督にダメ出し「テンション高すぎ」「チビT着たボンレスハム」

ネット上で話題を呼び、書籍化された物語を映画化した『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』が11月21日(土)に公開初日を迎えた。都内では、主演の小池徹平を始め、田辺誠一、マイコ、品川祐、田中圭、森本レオ、中村靖日、千葉雅子というフルキャスト&佐藤祐市監督を迎えての初日舞台挨拶が行われた。

最新ニュース
『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』初日舞台挨拶
  • 『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』初日舞台挨拶
  • 『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』初日舞台挨拶
  • 『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』初日舞台挨拶
  • 『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』初日舞台挨拶
  • 『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』初日舞台挨拶
  • 『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』初日舞台挨拶
  • 『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』初日舞台挨拶
  • 『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』初日舞台挨拶
ネット上で話題を呼び、書籍化された物語を映画化した『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』が11月21日(土)に公開初日を迎えた。都内では、主演の小池徹平を始め、田辺誠一、マイコ、品川祐、田中圭、森本レオ、中村靖日、千葉雅子というフルキャスト&佐藤祐市監督を迎えての初日舞台挨拶が行われた。

“ブラック会社”に負けるな! とばかり、この日は全員、真っ白の衣裳で登場。そして彼らに与えられたお題は「いまだから話せる、撮影中に“限界”だったこと」。冒頭の挨拶で「映画の中ではいじめられていますが、本当はムチャクチャ仲が良いんです。それだけは伝えたい!」と語っていた小池さんだったが、掲げたボードには「監督の朝のテンション」という言葉が…。いきなり監督にダメ出し…本当に仲が良いのか? と疑いたくなるが、曰く「とにかく監督のテンションが常に高くて付いていけないときがありましたね。僕は、わりかし朝は強い方なんですが、限界を感じました」と告白。

マイコさんは「池田鉄洋さんの迫り方が限界」とこちらも穏やかでない言葉が踊るが。これは、劇中に居酒屋で井出(池田さん)が中西さん(マイコさん)に迫るシーンのこと。「池田さんのセリフはほぼアドリブで、一瞬、“中西さん”ではなく素に戻りました」と語り、ああいう迫り方をする男性は「苦手です」と笑顔でバッサリ。池田さんは慌てて「それはあくまで井出がですよね?」と何度も確認し、会場は笑いに包まれた。

その池田さんは「田中圭くんのプルプルの唇が限界でした。ついつい吸い付きたくなりましたね」と恍惚の表情を浮かべ語った。この池田さんのひと言で、その唇に会場中の視線を集めた田中さんは逆に、池田さんの劇中のセリフ「びっくりボンバー」を“限界ポイント”として挙げ「笑いがこみ上げてきて、カメラに映らないところで『クククク』って笑ってました」と明かした。

田辺さんの限界は「ギャグの封印」。「(自身の役が)真面目な役なので、池田さんと品川さんの2人のやり取りにノッていきたいのにそれが出来なくて…」と苦悩を語り、劇中、田辺さん扮する藤田さんが披露する唯一のギャグで「消臭力」と言う場面を「あれが限界でしたね」とふり返った。ちなみに、このセリフは元々の台本にはない田辺さんのとっさのアドリブだったらしく、中村さんはまさにその「田辺さんの“消臭力”」を限界に挙げた。「(自身が演じる)上原は打ちひしがれている場面なのに、面白くて…」(中村さん)とのことだが、一体どんなシーンなのかは観てのお楽しみ!

千葉さんが掲げたクリップに書かれていたのは「小池くんのひたむきさ」という言葉。「現場で、疲れた顔を全く見せずに、逆にこちらを『大丈夫ですか?』と気遣ってくれるんです。『こんな子供がいたら…』と限界を感じていました」と語ると会場からは笑いと共に大きな拍手がわき起こった。

森本さんは「監督のTシャツ姿」が限界だったとのこと。どういうことかというと「昔は監督も、小池くんみたいなシャープな青年だったんですよ(注:ここで会場からは『えー?』という疑うような声が…)。それがこんなにムクんでしまって…。僕は、3日間しか撮影がなかったんですが、日ごとに監督がムクんでいくんです。ピチピチのTシャツ姿だったんですが、2日目にはどす黒くなって、3日目には“チビTを着たボンレスハム”みたいになって」と穏やかな口調とは裏腹にかなり過激な言葉で監督を描写し、客席からは再び大きな笑いが。

そして品川さんは「マイコさんの天然っぷり」に限界を感じたとふり返り「イモムシを見ながら『イモムシって気持ち悪いですよね。口の中に入ったらどうしよう? っていつも思うんです』って言ったり、僕と池田さんが喋ってるとこに入ってくるけど、なぜかひとりだけ正座だったり…」とマイコさんの奇行を暴露。

トリを務めた監督は、質問を勘違いしていたようで、「撮影中の」ではなく「これまでの人生の中で」の限界を告白。アシスタント時代の撮影で、サメの尾ひれをつけて泳がされ、溺れかけた経験を語り「水を吐きながら、ディレクターに『溺れてるなら溺れてるって言えよ!』と怒られて、それが言えない状態なんだよ、と思い限界を感じていました」と壮絶な経験を明かした。

舞台挨拶の最後には、ヒットを祈願しての鏡開きも行われ、盛況の内に初日舞台挨拶は幕を閉じた。

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』は渋谷シネクイントほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top