桃井が喝! 日本作品初の優秀賞該当作ナシでショートショート閉幕

東京・渋谷区ほかで開催されていたショートフィルムの祭典「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2010」のアワードセレモニーが6月20日(日)、東京・渋谷区の明治神宮内神宮会館で行われ、コンペティション対象作品31か国62作品からグランプリにオランダ作品「Vera/ミュージアムとショコラ」を選出し、閉幕した。

最新ニュース レポート
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2010」閉会式  photo:Yoko Saito
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2010」閉会式  photo:Yoko Saito
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2010」閉会式  photo:Yoko Saito
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2010」閉会式  photo:Yoko Saito
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2010」閉会式  photo:Yoko Saito
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2010」閉会式  photo:Yoko Saito
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2010」閉会式  photo:Yoko Saito
  • 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2010」閉会式  photo:Yoko Saito
東京・渋谷区ほかで開催されていたショートフィルムの祭典「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2010」のアワードセレモニーが6月20日(日)、東京・渋谷区の明治神宮内神宮会館で行われ、コンペティション対象作品31か国62作品からグランプリにオランダ作品「Vera/ミュージアムとショコラ」を選出し、閉幕した。

本作は、インターナショナル部門の優秀賞とW受賞で、グランプリ作品の副賞として、来年の米国アカデミー賞短編部門ノミネートの候補作品に加えられる。コンペ対象のインターナショナルのほか、アジアインターナショナル部門、ジャパン部門の3部門からそれぞれ優秀賞1作が選出されるが、今回、ジャパン部門の優秀賞は2005年の創設以来初めて「該当作品なし」とされ、特別に奨励賞が設けられ、「A Sweet chamber music/家族のしらべ」(山本亜希監督)が選ばれた。

W受賞のトマス・コルタレス・アルテス監督は帰国しており欠席。代わって出席した主演でベルギー出身の女優、ビェン・ペ・モアーは「人生は本当に驚くことが起こるものだわ。昨日の夕方、初めての日本に着いたばかりですが、美しく温かい日本が大好きになりました」と興奮気味。コンペの公式審査員5人のうちのひとり、女優の桃井かおりは「音楽でも文学でも表現できないから映画があるんだと再認識させてくれた作品。(主演)女優の肌触りで感情が分かる・かなりいい!」と大絶賛した。

一方で桃井さんは今回のジャパン部門について「もっと粗雑で勇気のある日本人クリエイターを育てたい。今回出品した人は、リベンジってあるから、冗談じゃねぇ、という気持ちで来年また挑んでもらいたい」と出品者たちを辛口激励。同じく審査員のひとり、行定勲監督も「今回、日本の作品はちょっと落ちる。突破口を開く作品に出会いたい」と話した。審査員はほかにフリーアナウンサーの草野仁ら。

受賞作品は6月23日(水)から8月15日(日)まで、横浜市西区のブリリア ショートショート シアターで上映される。



シネマカフェ「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2010」特集
http://www.cinemacafe.net/special/ssff2010

公式サイト:http://www.shortshorts.org/2010/
《photo / text:Yoko Saito》

特集

関連記事

特集

page top