友だちと!おひとりで!冬休みに「シネコン」で観たい“劇場公開最新映画”8選

冬休みに友だちと、お1人でも「シネコン」で観たい、盛り上がること間違いなしな“冬休み映画”をチョイス。この冬も、思う存分映画をご堪能あれ!

最新ニュース
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • フィン&キャプテン・ファズマ(ジョン・ボイエガ&グウェンドリン・クリスティ)『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『勝手にふるえてろ』(C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会
  • 『勝手にふるえてろ』(C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会
いよいよ待ちに待った冬休みが到来! 冬休みももちろん映画はかかせない。中でもIMAXや3D、MX4D、4DX、ScreenX…など作品を様々な上映バージョンで楽しめる「シネマコンプレックス(シネコン)」は、劇場自体が1つのエンターテインメント・スポットと言ってよいほどイケてる場所に進化しているのだ。今回は冬休みに友だちと、お1人でも「シネコン」で観たい、盛り上がること間違いなしな“冬休み映画”をチョイス。この冬も、思う存分映画をご堪能あれ!

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』



フィン&キャプテン・ファズマ(ジョン・ボイエガ&グウェンドリン・クリスティ)『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
>>『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』あらすじ&キャストはこちらから

この冬休み明け、友だちと話題に上がる会話No.1は「スター・ウォーズ観た?」になるに違いなしな超話題作。シリーズ第8作目にして、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後の物語を描いたストーリー展開も注目だが、ライアン・ジョンソン監督の手腕により、シリーズ未見の人でも「楽しめた!」という声多し。決してファンだけに向けたものでなく、楽しみ方は人それぞれ。是非3Dや4Dでもその世界観を味わってみて!

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は全国にて公開中。

『勝手にふるえてろ』



『勝手にふるえてろ』(C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会
>>『勝手にふるえてろ』あらすじ&キャストはこちらから

ラブコメ史上最もキラキラしていない主人公・ヨシカが“脳内片思い”と“リアル恋愛”の2人の彼氏(?)の間で揺れながら、傷だらけの現実を突き抜ける暴走ラブコメ映画。芥川賞作家・綿矢りさの原作を基に、ドラマ「コウノドリ」をはじめ、映画やテレビに大活躍中の松岡茉優が映画初主演を務める。暴走しまくりの主人公に笑えて、観た後にスカッと明るい気持ちになれるはず!

『勝手にふるえてろ』は12月23日(土・祝)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国にて公開

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』



『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
>>『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』あらすじ&キャストはこちらから

Netfilxで爆発的な人気ドラマとなっている「ストレンジャー・シングス」と同様、本作もある種『スタンド・バイ・ミー』のようなノスタルジーを感じずにはいられない。スティーブン・キングのホラー小説を基にした映画でありながら、“はみだし者”の子どもたちが恐怖と立ち向かう勇気あるストーリーは、ホラーというジャンルを飛び越えて仲間たちの友情そのものに心が揺さぶられる。「ビビりだから観れない」なんて言わずに、仲の良い友人と一緒に、恐怖で手汗をかきながら観てみようじゃないか。

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』は全国にて公開中。

『カンフー・ヨガ』



『カンフー・ヨガ』 -(C) 2017 SR MEDIA KHORGOS TAIHE SHINEWORK PICTURES SR CULTURE & ENTERTAINMENT. ALL RIGHTS RESERVED
>>『カンフー・ヨガ』あらすじ&キャストはこちらから

ジャッキー・チェン主演にして、ジャッキー映画史上最大のヒットを記録した本作。失われた財宝を探しに世界中を駆け巡る冒険アドベンチャーでありながら、カーアクションやカンフー、ヨガ、そしてインド映画のような大規模な“ダンスシーン”など、あらゆるジャンルを盛り込んだ、全く想像のつかない衝撃作! 予測不能でハチャメチャな世界観が逆に新しい!? インドのスター、ソーヌ―・スード、中華圏の人気俳優アーリフ・リー、「EXO」のレイなど国際色豊かな豪華キャストが脇を固めている。

『カンフー・ヨガ』は12月22日(金)より全国にて公開。

『オリエント急行殺人事件』



『オリエント急行殺人事件』(C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation
>>『オリエント急行殺人事件』あらすじ&キャストはこちらから

アガサ・クリスティーの傑作小説「オリエント急行殺人事件」を、新たな解釈を加えて現代に甦らせたスタイリッシュなミステリー作品。ケネス・ブラナーが監督・脚本・主演を務め、キャストは“全員名優”と謳われる通り、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』レイ役のデイジー・リドリーも出演するなど名だたるセレブが一同に集結。重厚感のあるセットや衣装、豪華絢爛な舞台を駆け巡る新たなポアロ像を大画面のスクリーンで楽しんで!

『オリエント急行殺人事件』は全国にて公開中。

『ダンシング・ベートーヴェン』



『ダンシング・ベートーヴェン』 -(C) Fondation Maurice Béjart, 2015 -(C) Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015
>>『ダンシング・ベートーヴェン』あらすじ&キャストはこちらから

「歓喜の歌」として知られ、年末にはホールで演奏を聴きに行く人も多いベートーベンの「第九」。今年はその「第九」を“映画で観る”のはいかが? 本作は、天才振付家モーリス・ベジャールが、ベートーヴェンの「第九」をバレエで表現した傑作ステージ「第九交響曲」の舞台裏を捉えたドキュメンタリー。80人のダンサー、オーケストラなど総勢350人からなるアーティストが出演した圧巻のエンターテインメント、そしてその裏側も必見!

『ダンシング・ベートーヴェン』は12月23日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開。

祝2018!年明け公開作品もチェック



『キングスマン:ゴールデン・サークル』



『キングスマン:ゴールデン・サークル』 (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
>>『キングスマン:ゴールデン・サークル』あらすじ&キャストはこちらから

4億ドル超えのメガヒットを記録し、全世界が熱狂した前作『キングスマン』から、約2年半の沈黙を破り、ついにその続編が公開! 本作を「大人のお年玉」として、年明けに楽しみにしている人も多いのでは? スマートなスーツに身を包んだ英国紳士が魅せるキレ味鋭いアクションと、ギミック満載のスパイ道具の数々や、スピード感とウィットに富んだ前作のトーンはそのままに、すっかりキングスマンの一流エージェントとなったエグジーが強大な敵に立ち向かっていく姿や、もう一人の主人公ともいうべきハリーの行方にも注目したい。

『キングスマン:ゴールデン・サークル』は2018年1月5日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。

『嘘八百』



『嘘八百』(C)2018「嘘八百」製作委員会 
>>『嘘八百』あらすじ&キャストはこちらから

『百円の恋』の監督・武正晴が贈る、新春必見のコメディ作品! 大阪・堺を舞台に、イカサマ古物商と落ちぶれた陶芸家が、“幻の利休の茶器”で仕掛ける一発逆転の大勝負を描く、年初めにぴったりな開運エンターテインメント作品。日本映画界を代表する俳優、中井貴一と佐々木蔵之介がW主演を務める。

『嘘八百』は2018年1月5日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top