『ラ・ラ・ランド』『美女と野獣』…2017年はミュージカル映画大ヒット! 来年も“ミュージカル・トレンド”続く!?

最新ニュース

『美女と野獣』(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『美女と野獣』(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『ラ・ラ・ランド』(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.
  • 『モアナと伝説の海』 (C)2017 Disney. All Rights Reserved.
  • 『SING/シング』  (C)Universal Studios.
  • ジャスティン・ティンバーレイク -(C) Getty Images
  • 『ジュリーと恋と靴工場』 (C)2016 LOIN DERRIERE L’OURAL - FRANCE 3 CINEMA - RHONE-ALPES CINEMA
  • 『ベイビー・ドライバー』(C)2017 TRISTAR PICTURES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『グレイテスト・ショーマン』 (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
2017年を代表する“主役級映画”といえば、日本のみならず世界的にも大ヒットとなった『美女と野獣』や『ラ・ラ・ランド』。“極上の「映画と音楽」があれば、また明日も頑張れる…”。決して大げさではなく、そんなふうに背中を押してくれた2017年を彩ったミュージカル映画と、2018年に注目の作品をピックアップした。

■ミュージカル映画に陶酔した1年!2017年公開作の振り返り


『美女と野獣』が2017年国内NO.1ヒット



『美女と野獣』(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.国内興行収入120億円超え。豪華キャストの歌唱力にも注目が集まった。『美女と野獣』(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
2017年はミュージカル映画が大豊作だった。エマ・ワトソンが主演を務めた『美女と野獣』は、なんと国内興行収入は推定125億円! 今年100億円超えとなったのは本作のみで、間違いなく2017年公開作品の中でNO.1のヒット作だ。エマやダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、ユアン・マクレガーら英語版のキャストはもちろんのこと、日本語吹替版声優のベル役の昆夏美、野獣役の山崎育三郎を始め、岩崎宏美、吉原光夫、村井國夫といった顔ぶれの豪華さ、その“本気度”も話題となった。

さらに、大海原の多面的な美しさの描写と「どこまでも ~How Far I'll Go」をはじめとする楽曲が全編を彩ったディズニー・アニメーション『モアナと伝説の海』は興収51.5億円を売り上げ、どこまでもキュートで“人間くさい”動物たちが自分の居場所を取り戻すミュージカル・アニメーション『SING/シング』も51億円を超えた。

第89回アカデミー賞を席捲した『ラ・ラ・ランド』が日本でも大ヒット



『ラ・ラ・ランド』(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.「何度も劇場で観たい!」というリピーターや、「シネマ・コンサート」も大好評だった。『ラ・ラ・ランド』(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.
そして、ロサンゼルスを舞台に、女優志望のミア(エマ・ストーン)とジャズピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)の恋模様を新旧ミュージカル映画や往年の名作へのオマージュたっぷりに描いた『ラ・ラ・ランド』は、興収43億円超えの大ヒット。第89回アカデミー賞で監督賞、主演女優賞、作曲賞、主題歌賞など最多6部門を獲得した映画賞レースの主役的作品が、日本でこれほどの大ヒットとなるのは珍しいこと。『英国王のスピーチ』でも最終興収18.2億円なので、『ラ・ラ・ランド』は大快挙といえる。

いずれの作品も、“何度でも観たい、聴きたい、酔いしれたい”というリピーターたちが劇場に押し寄せたことが大きい。なお、『美女と野獣』や『ラ・ラ・ランド』は、生演奏オーケストラで映画を鑑賞する「シネマ・コンサート」も大好評を博した。

■2017年ミュージカル映画、大ヒットのワケを徹底分析!


アニメーション編


――ディズニー・アニメーション最強スタッフが集結した『美女と野獣』『モアナと伝説の海』

(左から)オスナット・シューラー&ロン・クレメンツ&ジョン・マスカー/『モアナと伝説の海』MovieNEX収録ボーナス映像ショーケース『アラジン』『リトル・マーメイド』のロン・クレメンツ&ジョン・マスカー監督が再タッグ/『モアナと伝説の海』MovieNEX収録ボーナス映像ショーケース
『美女と野獣』は、『ドリームガールズ』『シカゴ』(脚本)など傑作ミュージカル映画を手がけてきたビル・コンドン監督と、アニメ版に続いて音楽を担当したアラン・メンケンの手により実写化が実現し、成功を収めた。さらに、そのメンケンが過去に音楽を担当し、アカデミー賞主題歌賞を獲得したディズニー・アニメの名作『アラジン』『リトル・マーメイド』で監督を務めた最強コンビ、ロン・クレメンツ&ジョン・マスカーが、今年は『モアナと伝説の海』という名作を世に贈り出した。

――『SING/シング』はハリウッド俳優陣が60曲以上のヒットソングを披露

マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、タロン・エガートン-(C)Getty Imagesマシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、タロン・エガートンらが歌声を披露した『SING/シング』 -(C)Getty Images
そんな中、『ミニオンズ』『ペット』のイルミネーション・スタジオによる『SING/シング』は、『リトル・ランボーズ』のガース・ジェニングスが監督・脚本を手がけ、マシュー・マコノヒー(吹替:内村光良)、スカーレット・ヨハンソン(同:長澤まさみ)、タロン・エガートン(同:スキマスイッチ・大橋卓弥)、リース・ウィザースプーン(同:坂本真綾)ら、バラエティ豊かなキャストたちがシナトラからテイラー・スウィフトまで60曲以上の多彩な楽曲を歌い、動物たちの個性を後押しした。

また、昨年度アカデミー賞授賞式のオープニング、ジャスティン・ティンバーレイクが会場を一気に盛り上げたパフォーマンスを憶えている人は多いだろう。その楽曲「Can't Stop the Feeling」は、『カンフー・パンダ』『シュレック』のドリームワークス・アニメーションによるミュージカル・アドベンチャー『トロールズ』(ブルーレイ&DVD発売中)の主題歌。ジャスティンが主人公の声と音楽の製作総指揮を手がけ、『ピッチ・パーフェクト』アナ・ケンドリック、『(500日)のサマー』ズーイー・デシャネルなど俳優やシンガーが、ポップで楽しいオリジナル曲やカバー曲を歌い、全米で大ヒット。『SING/シング』と同様、続編が決まっている。

ドラマ編


――フレンチ・ミュージカルのオマージュが詰まった『ラ・ラ・ランド』『ジュリーと恋と靴工場』

『ジュリーと恋と靴工場』 (C)2016 LOIN DERRIERE L’OURAL - FRANCE 3 CINEMA - RHONE-ALPES CINEMA1960年代の映画界を一世風靡した“フレンチ・ミュージカル”が2017年のリバイバルトレンドに/『ジュリーと恋と靴工場』 (C)2016 LOIN DERRIERE L’OURAL - FRANCE 3 CINEMA - RHONE-ALPES CINEMA
さらに、デイミアン・チャゼル監督が『ラ・ラ・ランド』の参考にしたという『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』を彷彿とさせるフレンチ・ポップミュージカル『ジュリーと恋と靴工場』も、日本に上陸した。職なし、金なし、彼氏なしのジュリーが高級靴ブランドの下請け工場で成長していく姿が、現代への風刺を利かせながら真っ赤な靴をはじめとするカラフルな世界観で描かれていた。

――映像と音楽がピッタリシンクロした『ベイビー・ドライバー』

『ベイビー・ドライバー』カーアクション、デボラとの恋…全編音楽鳴りっぱなし。『ベイビー・ドライバー』
さらに2017年を振り返るうえで忘れてはならないのが、『ショーン・オブ・ザ・デッド』などのエドガー・ライト監督が、音楽と映像の完全シンクロで生み出した予測不能のクライム・ラブ・アクション『ベイビー・ドライバー』だ。オープニングシーンからとにかく圧巻で、タイトルロールの後、コーヒーを買いに行くベイビー(アンセル・エルゴート)の軽妙なステップも、壁の落書きさえも、全てが曲と歌詞にシンクロしているので要注目。リリー・ジェームズ演じるデボラとの恋、ジョン・ハムらおじさまたちの怪演も見逃せない。

■2018年も心躍るミュージカル映画が続々


『グレイテスト・ショーマン』


――ヒュー・ジャックマン&ザック・エフロンも帰ってきた!


『グレイテスト・ショーマン』 (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマンと「ハイスクール・ミュージカル」ザック・エフロンが劇中でミュージカル対決!?『グレイテスト・ショーマン』 (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
『レ・ミゼラブル』で世界中を泣かせたヒュー・ジャックマンが『ラ・ラ・ランド』の音楽チームとタッグを組んだ、オリジナル作品『グレイテスト・ショーマン』で来年ミュージカル映画にカムバック。19世紀半ばに「ショービジネス」という概念を生み出し、庶民に娯楽をもたらした実在の人物P.T.バーナムを演じるヒューは、誰もが聴き惚れる歌声とキレキレのダンスを披露。第75回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル/コメディ部門作品賞、主演男優賞、主題歌賞(「This Is Me」)にノミネートされている。2006年~大ヒットした海外ドラマ「ハイスクール・ミュージカル」で世に出たザック・エフロンにとっても久々のミュージカルで、特にヒューとの“対決”デュエット、空中ブランコ乗りを演じるゼンデイヤとの宙を舞うデュエットは必見(2018年2月16日公開)。


共同脚本には、『美女と野獣』のビル・コンドンが参加。新鋭のマイケル・グレイシー監督が「『雨に唄えば』や『ウエスト・サイド物語』、『サウンド・オブ・ミュージック』のように“題名を聞くと歌が浮かぶ”作品にしたい」と語るように、耳にした瞬間から夢中になる楽曲を担当したのは、『ラ・ラ・ランド』の「Audition」でアカデミー賞を獲得し、本年度トニー賞6部門受賞のブロードウェイ・ミュージカル「ディア・エヴァン・ハンセン」を手がけたベンジ・パセック&ジャスティン・ポール。まだ30代前半の2人は、ブロードウェイの裏側を描いた海外ドラマ「SMASH/スマッシュ」や、「THE FLASH/フラッシュ」×「SUPERGIRL/スーパーガール」のミュージカル・クロスオーバー・エピソード、さらに上記の『トロールズ』にも楽曲を提供しており、ディズニーの実写ミュージカル「白雪姫」にも起用されている超注目コンビなのだ。

『アナと雪の女王/家族の思い出』


――『アナ雪』公開から4年。最新作は『リメンバー・ミー』と同時上映

『リメンバー・ミー』同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.(C)2017 Disney. All Rights Reserved.前作では劇中歌「Let It Go」も大ヒット。新作では新曲4曲が披露される。『リメンバー・ミー』同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.(C)2017 Disney. All Rights Reserved.
音楽がカギを握るディズニー/ピクサー最新作の『リメンバー・ミー』(3月16日公開)と、同時上映の『アナと雪の女王/家族の思い出』は、アナとエルサ、オラフなど人気のキャラクターたちが再登場し、アナとエルサがアレンデール王国で一緒に迎えるクリスマスが描かれるという。初めて2人が一緒に歌う「When We're Together」ほか新曲が4作も披露される。



『Mamma Mia! Here We Go Again』(原題)


――10年ぶり、エーゲ海の島に「ABBA」が誘う『マンマ・ミーア!』続編

リリー・ジェームズ-(C)Getty Images10年ぶりの『マンマ・ミーア!』続編では、『ベイビー・ドライバー』リリー・ジェームズが若き日のドナ(メリル・ストリープ)を演じることでも話題に。-(C)Getty Images
2008年、結婚式を控えたソフィ(アマンダ・セイフライド)が顔も見たことのない父親とバージンロードを歩くため、母ドナ(メリル・ストリープ)が当時交際していた3人の父親候補の中から実の父親を見つけだそうと奮闘する様子を、「ダンシング・クイーン」「マンマ・ミーア」など「ABBA」の大ヒットナンバーが彩った『マンマ・ミーア!』。あれから10年、続編の『Mamma Mia! Here We Go Again』(原題/全米公開7月20日)では、若き日のドナと3人の父親候補との出会いが描かれる前日譚と、結婚式の後日譚が描かれるという。

>>『Mamma Mia! Here We Go Again』(原題)あらすじ&キャストはこちら

アマンダ、メリル以外にもピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド、ドミニク・クーパーなどのキャストが再結集。『ベイビー・ドライバー』でもキュートな歌声を聴かせたリリー・ジェームズが、若き日のドナに! 父親候補それぞれの若き日を演じるのは、『戦火の馬』ジェレミー・アーヴァイン(ピアース演じるサム)は、『レ・ミゼラブル』ほか『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にも出演しているヒュー・スキナー(コリン演じるハリー)、『マリアンヌ』のジョシュ・ディラン(ステラン演じるビル)。さらに、アンディ・ガルシアが加わるほか、アマンダ演じるソフィの祖母、つまりメリル演じるドナの母親としてシェールが出演。彼女がミュージカル映画に出演するのは、あの『バーレスク』以来7年ぶり、メリルとの共演は実に35年ぶりとか。『マリーゴールド・ホテル』シリーズの脚本家オル・パーカーがメガホンを取る。



『Mary Poppins Returns』(原題)


あの『メリー・ポピンズ』がリターンズ!エミリー・ブラント×『イントゥ・ザ・ウッズ』製作陣

『メリー・ポピンズ』-(C) APOLLO1964年公開の名作ミュージカル映画の続編。ディック・ヴァン・ダイクやアンジェラ・ランズベリーもカメオ出演『メリー・ポピンズ』-(C) APOLLO
1964年に映画化され、いまもなお人気を博す『メリー・ポピンズ』の続編『Mary Poppins Returns』(原題/全米公開12月25日)も楽しみな1本。かつてジュリー・アンドリュースが演じた“空飛ぶナニー”メリー・ポピンズ役にはエミリー・ブラント。ロブ・マーシャル監督をはじめ、ディズニー『イントゥ・ザ・ウッズ』の製作チームと再タッグを組む。すっかり大人になったバンクス家のジェーンとマイケルのもとに、メリー・ポピンズが再び帰ってくる物語だという。

>>『Mary Poppins Returns』(原題)あらすじ&キャストはこちら

そのほか、新キャラクターの“ランプライター”ジャック役に「ハミルトン」や『モアナと伝説の海』のリン=マニュエル・ミランダ。ジェーンには『ベロニカとの記憶』「ニュースルーム」のエミリー・モーティマー、3人の子持ちになったマイケルには『パディントン2』のベン・ウィショー。加えて、メリルやコリン、ジュリー・ウォルターズ、さらにオリジナル作品でバート役を演じていたディック・ヴァン・ダイク、アニメ版『美女と野獣』のポット夫人や「ジェシカおばさんの事件簿」のアンジェラ・ランズベリーといった、新旧の豪華キャストが明らかになっている。



『ピッチ・パーフェクト3』(原題)


――大人になった!?アカペラサークル「ベラーズ」とお別れ『ピッチ・パーフェクト』最終章

『ピッチ・パーフェクト』-(C) 2012 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.アナ・ケンドリック、レベル・ウィルソン、ヘイリー・スタインフェルドらおなじみのメンバーに加え、最終章はルビー・ローズがライバル出演。『ピッチ・パーフェクト』-(C) 2012 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.
現在、全米で公開中の『ピッチ・パーフェクト3』(原題)にも注目。2012年、DJを目指す主人公ベッカ(アナ・ケンドリック)が、女子だけの大学アカペラチーム「バーデン・ベラーズ」で個性的すぎる仲間たちに揉まれながら、ライバルとの対決や恋をへて成長していく青春ストーリーと、圧巻のアカペラシーンで想定外の大ヒットとなった『ピッチ・パーフェクト』。日本でも2015年に1作目、2作目が連続公開され、話題を呼んだ。製作と出演、そして2作目では監督も務めたのが女優のエリザベス・バンクス。脚本をNetflixドラマ「ガールボス」のケイ・キャノンが務めている。

>>『ピッチ・パーフェクト3』(原題)あらすじ&キャストはこちら

前作で大学最後のパフォーマンスを世界制覇という有終の美で飾った「バーデン・ベラーズ」。卒業した彼女たちは再集結し、それぞれが自分を取り戻すために「USO」(米陸軍慰問団)のヨーロッパツアーへと向かうことに。『イントゥ・ザ・ウッズ』でシンデレラを演じた歌ウマ女優アナ・ケンドリックに、本シリーズでブレイクしたレベル・ウィルソン、シンガーとしても人気のヘイリー・スタインフェルドらお馴染みのメンバーに、今回は『ジョン・ウィック:チャプター2』「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のルビー・ローズがライバルバンドのボーカル役で参戦、「ザ・クラウン」のジョン・リスゴーも出演する。


2018年は名作ミュージカル映画の続編が続々公開。なお、2019年にはガイ・リッチー監督による実写『アラジン』がミュージカル映画となってお目見えする。次々待機する21世紀のミュージカル映画に、楽しみは尽きない!
《text:cinemacafe.net》

『美女と野獣』

好きなキャラクターは?

関連ニュース

特集

page top