「Time’s Up!」女性のパワーを見せつける傑作映画6選!『女は二度決断する』ほか

2018年1月1日に始まった「Time’s Up!」は、性暴力やセクハラに対する「#MeToo」運動をさらに一歩進め、“女性の権利”を主張する運動だ。こうした動きが巻き起こった昨年、そして今年は女性が主人公

映画
『女は二度決断する』(C)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production,corazon international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH
  • 『女は二度決断する』(C)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production,corazon international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH
  • ダイアン・クルーガー-(C)Getty Images
  • 『女は二度決断する』キャストら-(C)Getty Images
  • 『スリー・ビルボード』 (C)2017 Twentieth Century Fox
  • 『スリー・ビルボード』 (C)2017 Twentieth Century Fox
  • フランシス・マクドーマンド-(C)Getty Images
  • 『スリー・ビルボード』本ポスター (C)2017 Twentieth Century Fox
  • 『女神の見えざる手』 (C)2016 EUROPACORP ー FRANCE 2 CINEMA
2018年1月1日に始まった「Time’s Up!」は、性暴力やセクハラに対する「#MeToo」運動をさらに一歩進め、“女性の権利”を主張する運動だ。こうした動きが巻き起こった昨年、そして今年は女性が主人公となり、“ひとりの人として生きている”ということを証明する映画が数多く公開されている。

そこで、本年度アカデミー賞最有力候補や現代の女性像を描き出した快作など、時には聖母のような優しさで、時には般若のような怒りを放つ、愛に満ちた女性たちが主演の映画をピックアップ。いまこの時代に生まれたからこそ強く、優しく、逞しい女性たちに迫った。

1.『女は二度決断する』
最愛の家族を失った母親の“決断”に魂が突き動かされる



『女は二度決断する』(C)2017 bombero international GmbH & Co. KG, Macassar Productions, Pathe Production,corazon international GmbH & Co. KG,Warner Bros. Entertainment GmbH
本年度ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞受賞のドイツの名匠ファティ・アキン監督によるクライムサスペンス。

舞台はドイツ、ハンブルク。人種差別主義者のドイツ人によるテロにより、突如として最愛の家族を失ってしまう主人公・カティヤ。裁判も思うように進まず、憎悪と絶望の中、カティヤはどんな決断を下すのかが注目どころだ。テロや人種差別問題についても描かれ、現代の抱える問題を浮き彫りにしている。

ダイアン・クルーガー-(C)Getty Images
主演のダイアン・クルーガー(『イングロリアス・バスターズ』『トロイ』などに出演)はハリウッドで活躍する一方、本作で初めて母国ドイツ語での演技に挑戦し、第70回カンヌ国際映画祭で主演女優賞に輝いた。

『女は二度決断する』は4月14日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開。

2.『スリー・ビルボード』
娘を無残に殺された母親による、徹底した復讐劇!



『スリー・ビルボード』 (C)2017 Twentieth Century Fox
フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソン、サム・ロックウェルという、いずれも演技派の3人を主要キャストに迎えた、アメリカの田舎町を舞台にしたヒューマンサスペンス。

さびれた道路に立ち並ぶ、忘れ去られた3枚の広告看板に、ある日突然メッセージが現れる。それは、7か月前に娘を殺されたミルドレッド・ヘイズが、一向に進展しない捜査に腹を立て、エビング広告社のレッド・ウェルビーと1年間の契約を交わして出した広告だった――。

フランシス・マクドーマンド-(C)Getty Images
小さな田舎町に現れた衝撃的な広告と、その町に住む人々を巡り、意外な方向へと向かう物語。一見、常軌を逸して見えても「目的のためには手段を選ばない」強い意志、その奥底にある悲しみや怒りがミルドレッドを突き動かす。演じたフランシスは第90回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされている。

『スリー・ビルボード』は公開中。

3.『女神の見えざる手』
政府を影で動かすロビイスト、その戦略に誰もが驚愕!



『女神の見えざる手』 (C)2016 EUROPACORP ー FRANCE 2 CINEMA
政治を影で動かす天才ロビイストをジェシカ・チャステインが演じる本作。大手ロビー会社に勤めるエリザベス・スローンは天性の才能や抜群のアイデアを持って成功へ導くが、突如彼女のプライベートが赤裸々にされたことで事態は一転。自分だけでなく、周囲をも危険に晒し、予想外の事件が勃発。そんな中、エリザベスが考えた究極の戦略は観る者の度肝を抜く!

ジェシカ・チャステイン(C)Getty Images
『ゼロ・ダーク・サーティ』『ユダヤ人を救った動物園 ~アントニーナが愛した命~』など、自らの意思をはっきりと伝える力をもつ女性を演じることの多いジェシカ。第74回ゴールデン・グローブ賞にノミネートされた。

『女神の見えざる手』は全国にて順次公開中、4月3日(火)ブルーレイ&DVDリリース。

4.『エル ELLE』
事件の真相よりも恐ろしい彼女の本性…



『エル ELLE』(C) 2015 SBS PRODUCTIONS - SBS FILMS - TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION - FRANCE 2 CINEMA - ENTRE CHIEN ET LOUP
世界中が衝撃を受けたポール・ヴァーホーヴェン監督×イザベル・ユペールによるエロティックスリラー。

ある日、自宅で何者かに襲われた女性企業家のミシェル。動揺も見せず、何事もなかったかのように、自身がCEO 務める会社に出勤するが、徐々に襲われた時の記憶がフラッシュバックするように。ミシェルは自らの手で犯人を捕まえようと、思わぬ行動に出るのだが…。

イザベル・ユペール(C)Getty Images
第74回ゴールデン・グローブ賞で主演女優賞と外国語映画賞を受賞。イザベルはアカデミー賞にも初ノミネートされた。

『エル ELLE』は3月2日(金)ブルーレイ&DVDリリース。

5.『悪女/AKUJO』
ターゲットは最愛の人。殺し屋になった女性の運命は!?



『悪女/AKUJO』(C)2017 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & APEITDA. All Rights Reserved.
カンヌ国際映画祭でも話題となったキム・オクビンの圧巻のアクション・ムービー。

犯罪組織の殺し屋として育てられ、最愛の人を殺された女性スクヒ。国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み、愛と裏切りに翻弄されながら最強無敵の“悪女”と化していく――。

キム・オクビン-(C)Getty Images
CGは一切使用されていないという、キムによるネクストレベルのアクションは必見。

『悪女/AKUJO』は全国にて公開中。

6.『シェイプ・オブ・ウォーター』
心から愛しい。その思いだけで彼女は“彼”を守るため立ち向かう



『シェイプ・オブ・ウォーター』 (C)2017 Twentieth Century Fox
ギレルモ・デル・トロ監督が放つファンタジーロマンス。

政府の極秘研修所で働くイライザは、ある日密かに運び込まれた不思議な生きものを目撃する。一目でその“彼”に心を奪われたイライザは、こっそりと会いに行くように。幼少期のトラウマから声を失った彼女は、言葉を発することを必要としないコミュニケーションで“彼”と心を通わせていく。だが、ある日、“彼”が国家の威信をかけた実験の犠牲となることを知ったイライザは、ある決断をするのだが…。

サリー・ホーキンス(C)Getty Images
言葉だけでは表現しきれない、溢れ出る愛の力が差別や偏見を凌駕する。イライザを体当たりで演じたサリー・ホーキンスは第90回アカデミー賞主演女優賞にノミネート。

『シェイプ・オブ・ウォーター』は3月1日(木)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top