ガリットチュウ福島、新モノマネは“くるみ割り人形”!? 小芝風花と華麗にダンスも

不朽の名作「くるみ割り人形」を、ウォルト・ディズニーが実写映画化した『くるみ割り人形と秘密の王国』の公開記念イベントが11月26日(月)、都内で行われ、女優の小芝風花とお笑いコンビ「ガリットチュウ」の福島善成が登場した。

最新ニュース
『くるみ割り人形と秘密の王国』の公開記念イベント/小芝風花と「ガリットチュウ」福島善成
  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』の公開記念イベント/小芝風花と「ガリットチュウ」福島善成
  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』の公開記念イベント/小芝風花と「ガリットチュウ」福島善成
  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』の公開記念イベント/小芝風花と「ガリットチュウ」福島善成
  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』の公開記念イベント/「ガリットチュウ」福島善成
  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』の公開記念イベント/小芝風花と「ガリットチュウ」福島善成
  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』の公開記念イベント/小芝風花と「ガリットチュウ」福島善成
  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』の公開記念イベント/小芝風花と「ガリットチュウ」福島善成
  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』の公開記念イベント/小芝風花と「ガリットチュウ」福島善成
時代を超えて愛され続ける不朽の名作「くるみ割り人形」を、ウォルト・ディズニーが実写映画化した『くるみ割り人形と秘密の王国』の公開記念イベントが11月26日(月)、都内で行われ、女優の小芝風花とお笑いコンビ「ガリットチュウ」の福島善成が登場した。

■小芝さんが語る主人公・クララの魅力は?


愛する母を亡くし、心を閉ざしたクララ(マッケンジー・フォイ)が雪の国、花の国、お菓子の国、そして第4の国から成る“秘密の王国”に迷い込み、国の存亡をかけた戦いに巻き込まれる。それが、母が残したメッセージを探す冒険の幕開けだとも知らず…。

『くるみ割り人形と秘密の王国』(C) 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
クララの日本語吹き替え版声優をオーディションで勝ち取り、声優初挑戦を飾ることになった小芝さん。「クララは頭が良くて、機械いじりが得意な女の子。でも、不器用でおしゃれや人付き合いは苦手なんです。そんな完ぺきじゃないところが、好きですし、同世代の女性にも共感してもらえるはず」と役柄の魅力を語った。

『くるみ割り人形と秘密の王国』の公開記念イベント/小芝風花と「ガリットチュウ」福島善成

■今年大ブレイクの福島さん、実はディズニー大好き!


独特な誇張モノマネで今年大ブレイクを果たした福島さんは、劇中に登場するくるみ割り人形の扮装で登場。実は「新作が公開されるたび、家族で必ず観に行く」と語るほど、大のディズニー映画好きで、「正直、(日本語吹き替え版に)出たかった。いまからでも無理ですか?」と無茶なお願い。そんな福島さんと対面し、小芝さんは「すばらしいです…、けど(実物とは)違い過ぎる」と苦笑いを浮かべた。

『くるみ割り人形と秘密の王国』の公開記念イベント/小芝風花と「ガリットチュウ」福島善成
イベントでは、本作がチャイコフスキーが音楽を手掛けたバレエ「くるみ割り人形」がベースになっていることにちなみ、小芝さんと“くるみ割り人形”福島さんが華麗にダンスを披露する場面もあった。

■ふたりが大切にしていることとは? 福島さんの爆笑回答


幻想的な王国でのアドベンチャーを通して、“大切なこと”に気づくクララにちなみ、小芝さんは「母から言われた言葉」として、「努力すること、あきらめないこと、そして成功した自分を想像することを大切にしている」とコメント。一方、福島さんは「親父から魚は骨ごと食えと教えられた。おかげでカルシウムがとれるし、風邪もひかない」とドヤ顔で回答し、小芝さんを爆笑させていた。

『くるみ割り人形と秘密の王国』の公開記念イベント/小芝風花と「ガリットチュウ」福島善成
『くるみ割り人形と秘密の王国』は11月30日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top