「ただの泥棒猫」女同士の宮廷バトルを豪華女優陣が明かす『女王陛下のお気に入り』

第76回ゴールデン・グローブ賞受賞の『女王陛下のお気に入り』から3人の女たち、オリヴィア・コールマン、レイチェル・ワイズ、エマ・ストーンとヨルゴス・ランティモス監督が語る特別映像が到着

映画
『女王陛下のお気に入り』(C)2018 Twentieth Century Fox
  • 『女王陛下のお気に入り』(C)2018 Twentieth Century Fox
  • 『女王陛下のお気に入り』(C)2018 Twentieth Century Fox
  • エマ・ストーン&オリヴィア・コールマン&レイチェル・ワイズ-(C)Getty Images
  • 『女王陛下のお気に入り』(C)2018 Twentieth Century Fox
  • オリヴィア・コールマン (C) Getty Images
  • エマ・ストーン (C) Getty Images
  • レイチェル・ワイズ-(C)Getty Images
  • 『女王陛下のお気に入り』(C)2018 Twentieth Century Fox
第76回ゴールデン・グローブ賞主演女優賞(オリヴィア・コールマン)に続いて、英国アカデミー賞では最多12ノミネートを果たした『女王陛下のお気に入り』。この度、本作に登場する3人の女たち、オリヴィア、レイチェル・ワイズ、エマ・ストーンとヨルゴス・ランティモス監督が語る特別映像が到着した。

>>『女王陛下のお気に入り』あらすじ&キャストはこちらから

『ロブスター』『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』など、クセがスゴすぎる作風で知られるランティモス監督の最新作として映画賞レースを席巻中、アカデミー賞主要部門のノミネートも確実な本作。

『女王陛下のお気に入り』(C)2018 Twentieth Century Fox
今回の特別映像では、宮廷を舞台にした女たちの愛と権力を巡る複雑でハチャメチャな関係性が、ランティモス監督と彼が信頼を寄せる実力派三女優のインタビューと共に紹介されていく。

監督が「3人の女性全員を主人公にするアイデアに興味をそそられた」「3人とも複雑なキャラクターに仕上げた」と見どころを説明すると、アン女王役のオリヴィアも「どうなるか最後までわからない」と明かし、「3人の関係の描き方がとても斬新よ。すばらしいストーリーだわ」と大絶賛を贈る。

『女王陛下のお気に入り』(C)2018 Twentieth Century Fox
「特定の悪役も、被害者もいない。悪役と被害者がコロコロ変わっていく」と監督も言うように、エマ演じる没落貴族の娘アビゲイルも単なる“被害者”ではない。「誰もが欠点だらけで滑稽だけど、一筋縄ではいかない。全員が自分なりの理由で動いている」とエマ。

『女王陛下のお気に入り』(C)2018 Twentieth Century Fox
「パワーバランスと支配権を巡る争い」と語るレイチェルも、そんなアビゲイルは「レディ・サラにとってはただの泥棒猫よ」とピシャリ! 彼女たちの辛辣な発言とともに、美しい宮廷でのドロ沼な“攻防”も映し出され、見逃せない映像となっている。



『女王陛下のお気に入り』は2月15日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top