真田広之『アベンジャーズ』最終章にゲスト出演!「カメラを止めずにワンカット」

『アベンジャーズ/エンドゲーム』ワールドプレミアがロサンゼルスにて開催され、本作にゲスト出演した真田広之も登場した。

最新ニュース レポート
『アベンジャーズ/エンドゲーム』ワールドプレミア (C)Marvel Studios 2019
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』ワールドプレミア (C)Marvel Studios 2019
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』ワールドプレミア (C)Marvel Studios 2019
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』ワールドプレミア (C)Marvel Studios 2019
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』ワールドプレミア (C)Marvel Studios 2019
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』ワールドプレミア (C)Marvel Studios 2019
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』ワールドプレミア (C)Marvel Studios 2019
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』ワールドプレミア (C)Marvel Studios 2019
  • 『アベンジャーズ/エンドゲーム』ワールドプレミア (C)Marvel Studios 2019
『アベンジャーズ/エンドゲーム』ワールドプレミアがロサンゼルスにて開催され、ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソンをはじめ、過去マーベル作品に出演したメンバーを含む総勢30名以上の超豪華キャストが集結。さらに、マーベルからのオファーを受け、ゲスト出演した真田広之も登場した。

>>『アベンジャーズ/エンドゲーム』あらすじ&キャストはこちらから

大人気シリーズの完結編となる本作のワールドプレミアは現地時間4月22日(月)/日本時間4月23日(火)に開催。会場となったコンベンションセンター中央にそびえる巨大なアベンジャーズマークを取り囲むように敷かれたのは、最新作のポスターカラーであり、これからアベンジャーズが立ち向かわなくてはならない最凶の敵サノスを彷彿とさせるパープルのカーペット。120名を超える大勢のメディアやファンが世界中から駆け付け、初お披露目となる地球最大規模の祭典を見守った。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』ワールドプレミア (C)Marvel Studios 2019
これまで、その内容が一切の謎に包まれてきた本作のワールドプレミアには、アイアンマンやキャプテン・アメリカ、アントマンやホークアイをはじめ、お気に入りのキャラクターの装いの熱烈なファンが集まり、キャストの到着を今か今かと待つファンたちの姿が。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』ワールドプレミア (C)Marvel Studios 2019
地響きのような大歓声の中、アイアンマンを演じたロバート・ダウニー・Jr.、キャプテン・アメリカを演じたクリス・エヴァンスをはじめ、サノス役ジョシュ・ブローリン、ハルク役マーク・ラファロ、ブラック・ウィドウ役スカーレット・ヨハンソン、ソー役クリス・ヘムズワース、キャプテン・マーベル役ブリー・ラーソン、スター・ロード役クリス・プラット、ドクター・ストレンジ役ベネディクト・カンバーバッチに、ロケットの声を務めたブラッドリー・クーパー、グルートの声を務めたヴィン・ディーゼルら、30名を超えるキャスト陣が登場。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』ワールドプレミア (C)Marvel Studios 2019
さらにナタリー・ポートマンや、リアム・ヘムズワース、歴代の監督達など、これまでマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に関わった超豪華オールスターが大集合し、マーベル史上最大規模のイベントとなった。

さらに、日本が舞台になっているということでも話題の本作で、マーベルから直々にオファーを受け、“ゲスト出演”したのが真田さん。最新のスポット映像では、日本の街でホークアイと思われるキャラクターと真田さん演じるキャラクターが激しく刀を交えるシーンを見ることができ、アクション俳優としても有名な真田さんの華麗な殺陣が披露されている。



真田さんは今回の出演について「スタジオからオファーをいただく形で東京のシーンの台本をいただきました。東京が舞台で、あるヒーローと戦うアクションシーンということで、ここはカメラを止めずワンカットで撮影したいと聞きました。それができるのは誰か、ということで(真田さんに)声をかけたと監督から告げられ、大変光栄でした」とコメント。

「オリンピック級の大作映画ということもありますし、そういう思いで声をかけていただいたので、『これはもう、受けてたとう!』と思いました」と、出演を決めた経緯を語る。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』ワールドプレミア (C)Marvel Studios 2019
また、本作の公開が待ちきれない日本のファンへ、「アベンジャーズは一種のお祭り、参加することに意義があるオリンピック級の大作。今回は東京のシーンもあるということで私も参戦しています。アクション、人間ドラマを最新技術で仕上げている作品で、キャストやクルーのこだわり、熱意、誇りをとても感じます。シリーズをずっとご覧になっている方も、今回が初めての方も楽しめる作品だと思いますので、劇場でご覧ください」とアピール。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』ワールドプレミア (C)Marvel Studios 2019
累計1兆円のシリーズに実際参加したことに「作りこみのすばらしさ、スケールのすごさ、すべてにおいてさすがだなと思いました」とコメントしつつ、「それよりも、これまで何作品も撮ってきたレギュラーキャストとクルーたちのチームワークのすばらしさや、これまでヒット作を何作も出してきた彼らの誇りやこだわりというものを非常に強く感じました」と、圧倒された様子。

「また、すでにみんなでチームワークがとれているので、(自分たちのような)ゲスト俳優に対してもとてもウェルカムな感じで『ようこそ、楽しんでいってね』といった雰囲気が非常におおらかでした。プレッシャーというよりはその雰囲気に飲み込まれて、すっと入ることができ楽しめました」と撮影をふり返っていた。

マーベル・スタジオの社長であるケヴィン・ファイギは、真田さんについて「とても素晴らしい俳優。彼にキャスティングのオファーをOKしてもらえたことは僕たちにとっても夢みたいだよ!」とコメント。マーベルの集大成ともいえる最大規模のイベントと、集まったキャスト陣にファンが熱狂する中、世界中が注目するワールドプレミアは幕を閉じた。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』は4月26日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top