のん主演、国内外の各賞を席巻した劇場アニメ『この世界の片隅に』地上波初放送!

女優・のんが声優を務め2016年に公開されると国内外で70以上の賞に輝いた劇場アニメ『この世界の片隅に』が8月3日(土)今夜、NHK総合テレビで地上波初放送される。

最新ニュース スクープ
『この世界の片隅に』(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
  • 『この世界の片隅に』(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
  • 「#(ハッシュタグ)あちこちのすずさん~戦争中の暮らしの記憶~(仮)」  (C)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
  • 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』  (C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
女優・のんが声優を務め2016年に公開されると国内外で70以上の賞に輝いた劇場アニメ『この世界の片隅に』が8月3日(土)今夜、NHK総合テレビで地上波初放送される。

日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、仏・アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門審査員賞をはじめ国内外70以上の賞を受賞。ファンと劇場の熱い支持で2016年11月の公開以来現在まで上映が続けられている本作が、ついに地上波に登場する。

広島市江波で生まれた絵が得意な少女・すずは昭和19年(1944年)、20キロほど離れた町・呉に嫁ぎ、18歳で一家の主婦となる。太平洋戦争の戦況が悪化し物資が欠乏していくなかでも、日々の食卓を作り出し、衣装を作り直すなど工夫を凝らして生活していくすずだが、海軍の基地があった呉は幾度もの空襲に襲われる。

軍艦たちが炎を上げ、街が燃え、すずが大事に思っていた身近なものが奪われていくなかでも毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20年(1945年)の夏がやってきた――という物語。

主人公・すずの声優には女優として様々な作品に出演してきたのんさん。『心が叫びたがってるんだ。』「黒子のバスケ」シリーズの細谷佳正や、「おそ松さん」「斉木楠雄のΨ難」の小野大輔、「プリキュア」シリーズや「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の潘めぐみらも声優を担当する。

また本作放送の翌週8月10日(土)21時からはNHKスペシャル「#(ハッシュタグ)あちこちのすずさん~戦争中の暮らしの記憶~(仮)」が放送。本作の片渕須直監督をはじめ「Hey! Say! JUMP」八乙女光・伊野尾慧、千原ジュニアがスタジオゲストとして出演するほか、本作を制作したスタジオ「MAPPA」と片渕監督が新たに制作したアニメーション映像も流されるという。

「#(ハッシュタグ)あちこちのすずさん~戦争中の暮らしの記憶~(仮)」  (C)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
さらに片渕監督が原作の魅力的なエピソードを描き加え、30分もの新規映像を追加した『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』も12月20日(金)より全国にて公開。

同作ではすずと嫁ぎ先の町で初めて出逢う同世代の女性リンとの交流を描いた、昭和19年秋と昭和20年冬から春にかけてのエピソードや、妹・すみを案じて過ごす中で迎える20年9月の枕崎台風のシーンなどが追加されるという。

劇場アニメ『この世界の片隅に』は8月3日(土)今夜21時~、NHK総合テレビで地上波初放送。
《笠緒》

特集

関連記事

特集

page top