【インタビュー】タロン・エジャトン&デクスター・フレッチャー監督が語る、“自分自身の愛し方”

彼なくして、ここまで胸に迫る作品になったか? 答えは「ノー」だ。『ロケットマン』を観た誰もが、タロン・エジャトンとエルトン・ジョン役の幸せな出会いを実感すると思う。

最新ニュース インタビュー
タロン・エジャトン&デクスターフレッチャー監督/photo:You Ishii
  • タロン・エジャトン&デクスターフレッチャー監督/photo:You Ishii
  • タロン・エジャトン&デクスターフレッチャー監督/photo:You Ishii
  • タロン・エジャトン&デクスターフレッチャー監督/photo:You Ishii
  • 『ロケットマン』 (C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ロケットマン』 (C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ロケットマン』 (C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • タロン・エジャトン&デクスターフレッチャー監督/photo:You Ishii
  • タロン・エジャトン&デクスターフレッチャー監督/photo:You Ishii

エルトンを真似る必要はない「僕の考える彼になりきった」


製作総指揮にも名を連ねるエルトン・ジョンは、物作りの楽しさをいまも探求し続けるタロンを終始サポートした。「自分のことを包み隠さず語ってくれたりしてね。僕には、彼の惜しみないサポートがあった。それでいて、自由もあった。エルトン・ジョンという人にはエゴがない。彼の人生を描いた作品ではあるけど、僕らの作品であることを尊重してくれたんだ」とタロン。

フレッチャー監督が続ける。「エルトンはタロンにこう言っていた。“僕を真似る必要はない”とね。エルトンも僕らも、薄っぺらい物真似映画など目指していなかった。僕らが語りたい物語を、彼は誰よりも理解してくれていたんだ」。

『ロケットマン』 (C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
「だからね、僕の考える彼になりきったんだ。“エルトン・ジョンだ!”と自分に言い聞かせて」(タロン)、「エルトン・ジョンじゃないのにね」(フレッチャー)、「エルトンだってば。大きな意味では」(タロン)とじゃれ合う2人だが、大勢の心をつかむ作品になったのは、「薄っぺらい物真似映画」をよしとしない彼らの姿勢によるのだろう。大スターの極めてパーソナルな物語でありながら、どうしようもなく普遍的。世界的アーティストでさえ、自分自身を愛するのがどんなに難しいかを『ロケットマン』は教えてくれる。

『ロケットマン』 (C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
「自分を愛するにはどうすればいいか。難しい問題だよね。生きるうえでの信念にもつながることだから。僕にはよく分からないし、結局はそれぞれが自分なりの答えを見つけていかなきゃいけないのだと思う」。

「ただ、僕に言えるのは、人生は一度きりだし、体も1つで、置かれた状況もこれしかない。その中で選択するのが人生なのだから、いくら苦しくても、自分を愛するという選択をしたほうが生きやすいということかな」(タロン)。

タロン・エジャトン/photo:You Ishii
次のページ:作品も自分も愛することから始まる
《text:Hikaru Watanabe/photo:You Ishii》

特集

関連記事

特集

page top