【インタビュー】タロン・エジャトン&デクスター・フレッチャー監督が語る、“自分自身の愛し方”

彼なくして、ここまで胸に迫る作品になったか? 答えは「ノー」だ。『ロケットマン』を観た誰もが、タロン・エジャトンとエルトン・ジョン役の幸せな出会いを実感すると思う。

最新ニュース インタビュー
タロン・エジャトン&デクスターフレッチャー監督/photo:You Ishii
  • タロン・エジャトン&デクスターフレッチャー監督/photo:You Ishii
  • タロン・エジャトン&デクスターフレッチャー監督/photo:You Ishii
  • タロン・エジャトン&デクスターフレッチャー監督/photo:You Ishii
  • 『ロケットマン』 (C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ロケットマン』 (C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ロケットマン』 (C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • タロン・エジャトン&デクスターフレッチャー監督/photo:You Ishii
  • タロン・エジャトン&デクスターフレッチャー監督/photo:You Ishii

作品も自分も愛することから始まる


ちなみに、俳優の立場から“愛される作品の作り方”にも言及してもらったところ、「そっちはますます分からない。永遠に解けない謎だよ」と苦笑。「でも、少なくとも僕たちは映画作りを楽しんでいるし、作品にたくさんの愛を注いでいる」。

「美術担当、撮影担当、音楽担当など、すべてのスタッフが愛情を持って、家族のように、同じ目標に向かうんだ。そうすれば、僕たちが愛するように、観客も作品を愛してくれる…はず(笑)。経験から言えば、撮影がつまらないと、いい作品にならないことが多いし」。

『ロケットマン』 (C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
タロンの言葉を受け、「万人に愛される作品を作る方法があれば、僕らはいまごろもっと稼いでいるし、天才だと思われている(笑)。でも、残念ながら、そんな方法は決して見当たらない」と頭を抱えるフレッチャー監督。一方、「自分自身を愛すること」に関して語る口調は確かだ。

「自分を愛せなければ、人からの愛を受け入れることもできない。愛されていい存在だと自分を説得できない人間は、たとえ誰かに“愛している”と言われても、“自分を愛してくれる人なんているわけない”と壁を作ってしまうからね。堂々巡りの悲劇だ。それによって、深い関係を築けなくなるのだから」。

デクスターフレッチャー監督/photo:You Ishii
「結局は、自分を愛さないと、人を愛することもできない。それが『ロケットマン』の大きなメッセージになっているし、僕自身も自分を愛せる人間でありたいと願っている」。

数ある“お気に入りのエルトン・ジョン楽曲”の中の1曲として、映画用に書き下ろされた新曲「(I’M GONNA)LOVE ME AGAIN」を挙げ、歌い出す2人。 タロンとエルトンがエンドロールで共に歌うこの曲には、“自分を愛する”というテーマが込められている。

タロン・エジャトン&デクスターフレッチャー監督/photo:You Ishii
《text:Hikaru Watanabe/photo:You Ishii》

特集

関連記事

特集

page top