井上真央、全力で飛びかかる特報映像『大コメ騒動』鈴木砂羽&工藤遥らも参加

井上真央主演、史実に基づき女性たちの活躍を描く痛快エンタテインメント作品『大コメ騒動』が、来年1月8日(金)に公開決定。特報映像とポスタービジュアルが到着した。

映画 邦画ニュース
井上真央主演、史実に基づき女性たちの活躍を描く痛快エンタテインメント作品『大コメ騒動』が、来年1月8日(金)に公開決定。特報映像とポスタービジュアルが到着した。

>>『大コメ騒動』あらすじ&キャストはこちらから

1918年(大正7年)、富山県の海岸部で発生した「米騒動」は、新聞で報道されるや全国に広がり、暴動に発展。そんな「米騒動」の史実に基づき、そこで活躍した女性たちにスポットを当て描くのが、本作『大コメ騒動』。

到着した映像では、輸出によるコメの価格高騰に頭を悩ませる中、井上さん演じる主人公・松浦いとが、おかかたちのリーダー・清んさのおばば(室井滋)に「何か手を打たないと…」と進言する。そんな清んさのおばばは、室井さん自身の地元に実際にいたおばば的存在の人を参考に、衣装やメイクにこれでもかと汚しを加えており、その姿はインパクト大。

また、おばばの「コメを旅に出すなーー!!」の掛け声と共に、コメを船に積み込む男たちに全力で飛びかかるいとたちの姿も登場。リズミカルでパワフル、そしてコミカルな映像となっている。


さらに、町一番の権力者である大地主役を石橋蓮司。いとと共にコメ騒動に参加するおかか仲間として鈴木砂羽、舞羽美海、冨樫真。トキ(鈴木さん)の夫を吹越満。大阪の新聞社のデスク役を木下ほうか。おかかたちを目の敵にする警察署長役を内浦純一。新聞記者役で中尾暢樹、私塾の先生役で工藤遥、いとの旧友役で吉本実憂の出演も明らかになった。

またポスタービジュアルには、いとをはじめ、おかからの勇ましい姿と、いとの怒りをストレートに表現した「もう我慢できん!」というキャッチコピーが描かれている。

『大コメ騒動』は2021年1月8日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国にて公開。※1月1日より富山県で先行公開
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top