切ない別れを予感させる『ブライズ・スピリット』日本版予告、ジュディ・デンチのコメントも到着

大ヒットTVシリーズ「ダウントン・アビー」のスタッフ&キャストとオスカー女優ジュディ・デンチが贈る楽しくも切ない英国発ラブシックストーリー『ブライズ・スピリット』が、9月10日(金)より全国公開決定。併せて、日本版予告編が解禁された。

映画 洋画ニュース
『ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!』 (C) BLITHE SPIRIT PRODUCTIONS LTD 2020
  • 『ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!』 (C) BLITHE SPIRIT PRODUCTIONS LTD 2020
  • 『ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!』 (C) BLITHE SPIRIT PRODUCTIONS LTD 2020
  • 『ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!』 (C) BLITHE SPIRIT PRODUCTIONS LTD 2020
  • 『ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!』 (C) BLITHE SPIRIT PRODUCTIONS LTD 2020
  • 『ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!』 (C) BLITHE SPIRIT PRODUCTIONS LTD 2020
  • 『ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!』 (C) BLITHE SPIRIT PRODUCTIONS LTD 2020
大ヒットTVシリーズ「ダウントン・アビー」のスタッフ&キャストとオスカー女優ジュディ・デンチが贈る楽しくも切ない英国発ラブシックストーリー『ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!』が、9月10日(金)より全国公開決定。併せて、日本版予告編が解禁された。

>>『ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!』あらすじ&キャストはこちら

今回解禁された日本版予告編では、犯罪小説のベストセラー作家として名を馳せるチャールズ(ダン・スティーヴンス)が、初の映画脚本執筆を前にして重度のスランプに悩み、霊媒師のマダム・アルカティ(ジュディ・デンチ)に頼んで、7年前に事故死した最初の妻エルヴィラ(レスリー・マン)を呼び戻す様子が切り取られている。自分が幽霊で、チャールズには新しい妻ルース(アイラ・フィッシャー)がいることを知ったエルヴィラがどんな行動を取るのか。コミカルでありながら、ふたりの日々の終わりも予感させる予告編になっている。


またチャールズの依頼で降霊を行い、劇中重要な役割を担うことになる霊媒師を演じるジュディ・デンチは、「この映画を観るのは、今が完璧な時期だと思う。観客の皆さんが素敵な時間を過ごして、少しの間、笑って夢中になれることを願っている。それが、皆が映画に望むこと。映画は短い間だけれど、誰かの何かを一時的に止めることができるから、観客の皆さんは心配事を忘れることができる。それが、私が望んでいること」とコメント。

『ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!』 (C) BLITHE SPIRIT PRODUCTIONS LTD 2020
脚本家&プロデューサーのひとりであるメグ・レナードは、原作を書いたノエル・カワード自身が「胸躍る素晴らしい作品に仕上がったと心から思う」と評した80年前の戯曲を現代にアップデートするにあたり、「現代にふさわしい脚色にすることが最も重要だった。特に女性の登場人物たちに、現代の観客が共感できる立ち居振る舞いや意見、行動をさせようと考えた。たとえばルースは、ハリウッドへ行きたいという野心を抱いていると描くことで、男性キャラクターを喜ばせる存在ではないことを表現してるんだ」と話している。

『ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!』 (C) BLITHE SPIRIT PRODUCTIONS LTD 2020
『ブライズ・スピリット~夫をシェアしたくはありません!』は9月10日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top