緒方直人&真木よう子ら岡田将生主演『聖地X』に出演、狂気が加速する予告編も到着

岡田将生主演で川口春奈との共演も話題となっている映画『聖地X』が、11月19日(金)より全国にて公開、同日10時より「auスマートパスプレミアム」「TELASA(テラサ)」にて配信されることが決定。併せて、出演者コメントとポスター・予告編が解禁された。

映画 邦画ニュース
『聖地X』 (C)2021「聖地X」製作委員会
  • 『聖地X』 (C)2021「聖地X」製作委員会
  • 『聖地X』 (C)2021「聖地X」製作委員会
  • 『聖地X』 (C)2021「聖地X」製作委員会

岡田将生主演で川口春奈との共演も話題となっている映画『聖地X』が、11月19日(金)より全国にて公開、同日10時より「auスマートパスプレミアム」「TELASA(テラサ)」にて配信されることが決定。併せて、出演者コメントとポスター・予告編が解禁された。


>>『聖地X』あらすじ&キャストはこちら

この度発表されたキャストは、現在公開中の映画『護られなかった者たちへ』に出演している緒形直人、先日放送が終了した「ボイスII 110緊急指令室」でも圧倒的な存在感を放っていた真木よう子、『孤狼の血 LEVEL2』の渋川清彦、「あなたの番です」「半径5メートル」の山田真歩、舞台「外の道」「獣の柱」などの薬丸翔、と実力派かつ個性豊かな面々が集結。またパク・イヒョンパク・ソユンキム・テヒョンら韓国キャストも加わり、オール韓国ロケならではの世界観を彩る。

今回解禁されたポスターは、輝夫(岡田将生)と要(川口春奈)がジッとこちらを見据え美麗なビジュアルの中に不気味さが纏う一枚になっている。また予告編では韓国で暮らすことになった兄妹が、呪われた“聖地”で次々と怪異に襲われていく様子が映し出され、狂気が加速していく様が切り取られている。

また今回キャストコメントも到着しており、緒形さんは「入江組にしかない現場の張りが心地良かったです。日韓のスタッフ、キャストの力が合わさり刺激的な現場でした。韓国人スタッフの情熱や、俳優たちの芝居や現場での姿勢を目の当たりにした事は、これからに繋がる貴重な経験となりました。また、異様な雰囲気で佇む撮影現場やセット美術に不気味な聖地Xを感じました」とコメント。

真木さんも「入江監督の作品であるなら、何の役でも出演したいと思いオファーを即決で受けました。撮影を終えてやはり間違いない作品になったと確信しています。私自身、韓国が大好きなので、撮影の合間に韓国語を教えてもらったりとても楽しみながら撮影に挑めました」とコメントしている。

『聖地X』は11月19日(金)より全国にて公開。同日10時より「auスマートパスプレミアム」「TELASA(テラサ)」にて配信開始。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top