【ご招待】『私だけ聴こえる』トークイベント付きシネマカフェオンライン試写会に50名様

〆切り:5月10日(火)

プレゼント イベント
『私だけ聴こえる』(C)TEMJIN / RITORNELLO FILMS
  • 『私だけ聴こえる』(C)TEMJIN / RITORNELLO FILMS
  • 『私だけ聴こえる』(C)TEMJIN / RITORNELLO FILMS
  • 『私だけ聴こえる』(C)TEMJIN / RITORNELLO FILMS
  • 『私だけ聴こえる』(C)TEMJIN / RITORNELLO FILMS
  • 『私だけ聴こえる』(C)TEMJIN / RITORNELLO FILMS
  • 『私だけ聴こえる』(C)TEMJIN / RITORNELLO FILMS

〆切り:5月10日(火)

オンライン試写会:5月20日(金)20時上映開始

※鑑賞後には必ずご感想やレビューを投稿下さいますようお願いします。【レビュー期限:5月21日(土)】

【詳細スケジュール】

20:00~上映開始
21:30~オンライントークイベント(手話通訳あり/zoomでの開催となります)

【登壇者】
松井至監督

【MC】
奥浜レイラ
映画と音楽の分野を中心に活動するMC・ライター。映画の舞台挨拶イベントやアーティストのインタビューなど作り手の想いを伝えるためのサポートをしながら、誰もが生きやすい社会に向けて手助けになるような作品を紹介している。

>>>『私だけ聴こえる』作品情報はこちらから

耳の聴こえない親から生まれた、耳の聴こえる“コーダ”の子どもたちが揺らぎながらも自らを語り、成長していく物語を描いたドキュメンタリー映画『私だけ聴こえる』が5月28日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて公開となる。

耳の聴こえない親から生まれた、耳の聴こえる子どもたちはコーダ(CODA:Children Of Deaf Adults)と呼ばれる。家では手話で、外では口話で話す彼らは、学校に行けば“障がい者の子”扱い、ろうからは「耳が聞こえるから」と距離を置かれる。コーダという言葉が生まれたアメリカでコーダ・コミュニティを取材した初めての長編ドキュメンタリーとなる本作は、15歳というアイデンティティ形成期の多感な時期を過ごすコーダの子どもたちの3年間を追う。

監督は、“社会の周縁に生きる人々の知られざる物語”をテーマに映像作品を制作してきた松井至。本作は2016年、「TokyoDocs」にて最優秀企画賞を受賞。その後取材を続け、2021年に北米最大のドキュメンタリー映画祭「HotDocs」に選出、現在、世界各国で上映を行っている。

公開に先がけて、『私だけ聴こえる』トークイベント付きシネマカフェ特別オンライン試写会に50名様をご招待!

【応募方法】
1.「cinemacafe.net」公式Twitterアカウント(@cinema_cafe)をフォロー
2. 下記応募ボタンより必要事項を記入・送信


※ご視聴時はシネマカフェ会員ページへのログインが必須となります。
※都合により、中止、日程変更となる場合があります。予めご了承ください。
※当選者ご本人様のみ参加可能となります。視聴リンクの転送・公開を禁止いたします。
※無断転載・配信画面の撮影防止のため、配信画面にはウォーターマーク(透かし)が常時表示されます。ご了承くださいませ。
※当選者の方にのみ、ご連絡を致します。改めて出席回答をいただけた方にのみオンライン試写会ページのURLをお送り致します。
※上記期間中に視聴&レビュー投稿が可能な方のみご応募いただけますようお願い申し上げます。
※カフェや公共交通機関など公共性の高い場所での視聴はお控えください。


《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top