岸井ゆきの“最上”が生み出した“存在”に「正にパンドラの箱」、悲しみに暮れる姿を心配する声も…「パンドラの果実」5話

「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」の5話が5月21日放送。最上が科学界から身を引いた理由に「正にパンドラの箱」などの声が上がるとともに、大事な先輩を亡くし悲しみに暮れる最上を気遣うコメントも多数寄せられている。

最新ニュース スクープ
「パンドラの果実 ~科学犯罪捜査ファイル~」第5話(C)NTV
  • 「パンドラの果実 ~科学犯罪捜査ファイル~」第5話(C)NTV
  • 「パンドラの果実 ~科学犯罪捜査ファイル~」第5話(C)NTV
  • 「パンドラの果実 ~科学犯罪捜査ファイル~」第5話(C)NTV
  • 「パンドラの果実 ~科学犯罪捜査ファイル~」第5話(C)NTV
  • 「パンドラの果実 ~科学犯罪捜査ファイル~」第5話(C)NTV
  • 「パンドラの果実 ~科学犯罪捜査ファイル~」第5話(C)NTV

「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」の5話が5月21日放送。最上が科学界から身を引いた理由に「正にパンドラの箱」などの声が上がるとともに、大事な先輩を亡くし悲しみに暮れる最上を気遣うコメントも多数寄せられている。

中村啓の小説を原作に、最愛の妻を亡くし、彼女を蘇生させるため冷凍保存している警察官僚が科学犯罪対策室を創設、“科学の闇”を知って一線から退いた天才科学者をアドバイザーに迎え、法整備や警察機構の対応が追い付いていない犯罪を捜査していく…という本作。

亡くなった妻を冷凍保存し、将来的に科学が進歩して蘇らせることができる日を待っている小比類巻祐一をディーン・フジオカが演じるほか、過去に起きた出来事がきっかけで科学界から身を引いた天才科学者・最上友紀子に岸井ゆきの。現場経験が長い叩き上げ警部ゆえの優秀さで2人をサポートする長谷部勉にユースケ・サンタマリア。

また三枝益生に佐藤隆太。島崎博也に板尾創路。小比類巻の妻で娘を出産後に亡くなり、現在は冷凍保存中の亜美に本仮屋ユイカといったキャストも出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

サイエンスライターの速水(栗山千明)が街中で突然倒れ死亡、その際の映像を見ると急速に老化しながら死んでいく速水の姿が。速水は最上の大学時代の先輩で3年前に共同研究を止めてから会っていなかったという。その後、速水が未知のウイルスに感染していたことが判明。

それは最上と速水が共同研究していたプロメテウスウイルスで、感染すると老化を止める代わりに感染した個体は大量のエネルギーを必要とし、感染させた猿が共食いを始め狂暴化する様を見た最上はウイルスをすべて処分、研究室も畳んだが、速水は極秘に研究を続け、その過程でウイルスは老化を止めるのではなく急速に老化を進めるウイルスへと変異を遂げた…というのが5話のストーリー。

「人間の手で生み出され、自然界に存在しない変異株が人間を弄ぶ…怖い」「老化を食い止めたら莫大なエネルギーを必要として共喰い……そんなん人間が感染したら大変じゃん…」「感染すると、生命活動を維持する為に共食いを始める 正にパンドラの箱だな!」など、プロメテウスウイルスに恐怖の声を上げる視聴者が続出。

速水が研究を続けた理由を特許目当てではと考え、自分たちの研究は「お金のためじゃないと思ってた」と話す最上に、小比類巻は速水の特許申請書類を見せる。そこには最上の名前も連名で記されていた。速水は最上に科学界に戻って欲しくて研究を続けていた。3年前までは最上にとっても科学は光だったはず、もう1度信じてみては…と語りかける小比類巻に、最上は涙を流しながら「たまにはいいかもね。光、信じるっていうのも」と答える。

「最上博士シュンとしちゃってる」「絶対大丈夫じゃないよ最上ちゃん」など落ち込む最上を気遣う声とともに、科学の進歩を否定し続けてきた最上の変化には「亡くなってしまった共同開発者の熱い想いが最上博士に科学への情熱を思い出させたのかも」など、これからの彼女に期待する反応も寄せられている。

【第6話】
長谷部が寝ている最中、女性の霊を見たという。金縛りだと一蹴する小比類巻と最上。そんな中科学犯罪対策室が島崎(板尾創路)の命令でテレビ出演、科学の専門家として心霊現象の謎を解明するという役割を任される。番組で取り上げる廃業したホテルに出る霊のイラストを見た長谷部は驚愕。それは自分が見た霊とそっくりだった。最上は長谷部の思い込みだと切り捨てるが…。

「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」は毎週土曜22時~日本テレビ系にて放送中。


※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。
《笠緒》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top