※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ウェス・アンダーソン監督最新作『Asteroid City』9月1日公開!カンヌに出品も

ウェス・アンダーソン最新作『Asteroid City』(原題)が第76回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品決定、日本公開が9月1日(金)に。

映画 洋画ニュース
注目記事

ウェス・アンダーソンが監督・脚本を務め、常連俳優からトム・ハンクス、スカーレット・ヨハンソン、マーゴット・ロビーら新参加まで豪華俳優陣が集結した最新作『Asteroid City』(原題)が第76回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品決定、さらに、日本公開が9月1日(金)に決まった。

アメリカでの予告編公開直後には、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks」でトレンド1位を獲得し、すでに日本でも注目が集まっている本作。

『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)でアカデミー賞4部門を受賞し、『犬ヶ島』(18)はベルリン国際映画祭銀熊賞受賞、その独特な世界観で観客を魅了しつづけるウェス・アンダーソン監督の最新作。

キャストには、ウェス監督作品ではお馴染みの、ジェイソン・シュワルツマン、エドワード・ノートン、ティルダ・スウィントン、エイドリアン・ブロディらに加え、スカーレット・ヨハンソン、トム・ハンクス、マーゴット・ロビー、ホン・チャウ、マヤ・ホーク、スティーヴ・カレル、ウィレム・デフォーなど豪華キャストたちが共演する。

『Asteroid City』(原題)は9月1日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、渋谷ホワイト シネクイントほか全国にて公開。


ウェス・アンダーソン 旅する優雅な空想家
¥3,300
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top