※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ユアン&トムヒ&マッツにカンバーバッチ!豪華セレブ集結で会場が熱狂した東京コミコン オープニングをレポート

12月8日(金)より「東京コミコン2023」が開催中。今回は初日、豪華セレブたちが一堂に会したオープニングセレモニーの様子をお届けする。

最新ニュース レポート
注目記事
東京コミコン2023【写真:タンスタ未央】
東京コミコン2023【写真:タンスタ未央】
  • 東京コミコン2023【写真:タンスタ未央】
  • 東京コミコン2023【写真:タンスタ未央】
  • 東京コミコン2023【写真:タンスタ未央】
  • 東京コミコン2023【写真:タンスタ未央】
  • 東京コミコン2023【写真:タンスタ未央】
  • 東京コミコン2023【写真:タンスタ未央】
  • 東京コミコン2023【写真:タンスタ未央】
  • 東京コミコン2023【写真:タンスタ未央】

12月8日(金)、アメコミ・映画・ポップカルチャーの祭典「東京コミコン」が再び幕張メッセに戻ってきた。2023年度の「東京コミコン」は、8日(金)、9日(土)、10日(日)の3日間開催。豪華セレブゲストのラインアップは「今までで最高」との呼び声の高い布陣で、会場の外では早朝より様々な作品への愛を込めた装いのファンたちが列を成して待っていた。同イベントの目玉の一つは、セレブたちが一堂に会するオープニングセレモニーとグランドフィナーレ。今回はオープニングセレモニーの様子をお届けする。

「東京コミコン2023」オープニングセレモニーレポート

入場規制がかかり、熱気むんむんのセレブステージ。定刻より約15分遅れで、オープニングの進行およびメインMCを務める小田井涼平が明るく登場した。「盛り上がってますかー!」とのコールに、会場からは待ってましたとばかりに拍手が起こる。小田井さんの紹介で「東京コミコン2023」アンバサダーの新田真剣佑が登壇し、湧き上がる歓声。新田さんは、自身がスクリーンに大きく映っていることに気づいて少し驚いた様子を見せながら、「東京コミコン2023、開催します!楽しんでください!」と開催宣言を行なった。

新田真剣佑

PR大使/コスプレアンバサダーの伊織もえがハーマイオニーの格好で登壇して『ハリポタ』ファンの心を掴んだ後、東京コミックコンベンション代表取締役社長の胸組光明が登壇。「去年の幕張でのコミコンはやはりコロナの問題で色々な制限もあったのですが、今回はそれが解けています。そういう意味で、皆さん本当に好きな形でエンジョイしていただけると思います。ちょっとあまり言葉が出てこなくて……。皆さんと後ろでご挨拶していて、完全にオーラに当てられて動けなくなっているんですけど(笑)」と、セレブたちを目前に圧倒されたことを明かした。そしてイベントの醍醐味、来日ゲスト登壇の時間に。

ポム・クレメンティエフ

先陣を切ったのは、ポム・クレメンティエフ(映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズなど)。ピクシーカットにクロップト丈のファートップスというクールなファッションで颯爽と登場し、「皆さんこんにちは、日本に帰ってこれてワクワクしているよ。日本が大好き! 今回は他の才能ある人たちと楽しみます。皆このイベントを楽しんでくれるといいな。東京コミコン!」と日本愛を声高に。

ダニエル・ローガン

続くは、毎度お馴染みのダニエル・ローガン(映画『スター・ウォーズ』シリーズなど)。「ただいま~」の声に観客からは「おかえりー!」と温かい声が上がる。

テムエラ・モリソン

次に、ダニエルと縁の深いテムエラ・モリソン(ドラマ「ボバ・フェット」など)がスマホ撮影をしながらノリノリでステージへ。出身であるニュージーランドの先住民マオリ族の民族舞踏“ハカ”を披露するなど、終始ノリノリ。「お元気ですか? こんにちはー!」と呼びかけ、会場はさらに熱気が帯びていく。

エヴァンジェリン・リリー
ナタリア・テナ

「招待してくださってありがとう」と満面の笑みでスターオーラを放っていたのは、エヴァンジェリン・リリー(映画『アントマン』など)とナタリア・テナ(ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」など)。壇上で隣同士になった2人が、仲良く談笑しているのも印象的だった。

トップクリエイターたちも集う「コミコン」。『ハリー・ポッター』『ファンタスティック・ビースト』シリーズのアートワークで知られるグラフィックデザイナー、「ミナリマ」のミラフォラ・ミナエドゥアルド・リマ、マーベル・コミック編集長のC.B.セブルスキーもステージへ。

ユアン・マクレガー&トム・ヒドルストン

豊かな髭を蓄えたユアン・マクレガー(映画『スター・ウォーズ』シリーズなど)と、スマートな雰囲気のトム・ヒドルストン(ドラマ「ロキ」など)が現れ、歓声はさらに大きくなっていく。ユアンも日本語で「こんにちは、どうも!」とコメントしていたが、トムがより難易度の高い「お招きいただきありがとうございます」という日本語を披露したことで、マクレガーが感心した表情を見せる一コマも。

マッツ・ミケルセン

今回「ワーナーブラザーズ」ブース内『ファンタスティック・ビースト』シリーズの陳列棚にグリンデルバルトのグッズがびっしりと準備されていたほど、熱狂的な支持を集めるマッツ・ミケルセン(ドラマ「ハンニバル」など)登壇時の歓声は言わずもがな。「皆を幸せにするよう努めるよ!(日本語で)ありがとう」とコメントすると、もはや悲鳴に近いほどの叫び声も聞こえるほどだった。

ベネディクト・カンバーバッチ

ベネディクト・カンバーバッチ(映画『ドクター・ストレンジ』など)は、ひょこひょことお茶目な動きをしながら登場。カンペをチラリと見ながら日本語で「お会いできて嬉しいです」と言うと、和やかなムードが漂う。

クリストファー・ロイド

そして最後を飾ったのは、クリストファー・ロイド(『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズなど)。観客同様、他のセレブたちからもリスペクトの眼差しが注がれていた。

小田井さんと伊藤さんが「皆さんにとってもそうだと思いますけど、僕にとっても、こんなに究極のマルチバースはないです!」「ファン目線でニコニコしちゃいました」と、ファンたちの想いを代弁したところで、恒例・鏡開きの準備へ。伊藤さんがユアンに鏡開きについて説明し、ユアンがその情報をトムに共有。2人で他のセレブたちにアレコレ説明して回る様子や、ダニエルがテムエラと共にポーズを決める様子など、準備中であれど、ファンにとってはたまらない光景が繰り広げられていた。

そして、いざ鏡開き。無事役目を果たした後に小槌を上げて祝すダニエル&テムエラ、成功後に小槌をコツンと交わして笑い合うクレメンティエフ&リリー、サクッと叩いた後に握手するマッツ&カンバーバッチ、とにかく激しく叩きまくるトム&ユアン、ちょっとてこずっていたナタリア&ロイド、とそれぞれのキャラが際立っていた。

最後はフォトセッション。観客席に向けて手を振ったり、ピースサインをしてみたり、肩を組んでみたり……サービス満点のセレブたちに、あちらこちらから感激の声が飛び交う。大盛況のうち、「東京コミコン2023」の幕が上がった。

「東京コミコン2023」アンバサダー新田真剣佑インタビュー

オープニングセレモニー後、新田真剣佑の囲み取材が実現! その様子もお届け。


――アンバサダーの話を始めて聞いた時、どう思われましたか?

素直に嬉しかったですし、色々な国の「コミコン」に行っていますけれど、やはり日本の「コミコン」に参加できることと、アンバサダーを務めることは、スペシャルな感じがしており、楽しみにしています。

――「東京コミコン」で楽しみにしていることは?

本当にたくさんのファンの方にお会いできること。あまりそういう(ファンの方と会える)場は「コミコン」でしかないので、とても楽しみです。

――アメコミといえばヒーローが活躍するコミックスが多いと思うのですが、ご自身にとってのヒーロー像はどのようなものですか?

何年後かの自分、にしておきます。期待していてください。

――お会いしたらテンションが上がるな、というセレブの方はいますか?

ロキ(トム・ヒドルストン)、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)、オビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)ですかね。もうお会いしましたけど、「うわああ!」となりました。普通のご挨拶させていただいただけですが。

――今回はアメコミの祭典ですが、新田さんご自身が小さい頃に憧れて、少し真似した、ごっこ遊びしたなという思い出はありますか。

柳生十兵衛(※注:江戸時代初期の剣豪)しかないです。刀だらけだったので。父(千葉真一)の学校の生徒の皆さんを斬る(演技をする)と、皆いいリアクションをしてくれるので、幼い頃、よくしていました。

――アンバサダーとしての意気込みをお聞かせください。

より多くの方々に楽しんでもらえたらいいなと、ただただ、素直にそう思います。こういう場というのは本当に年に一度しかないと思いますので、皆さん、好きなセレブの俳優の方にお会いできる機会ですので、ぜひ楽しんでいってください。

――2023年は、どんな一年でしたでしょうか?

本当に幸せな一年でした。(Netflixのドラマ)「ONE PIECE」が配信され、本当に多くの方々に愛される作品になったので。ますます来年が楽しみかなと。(今年の漢字を表すなら)「幸」です。

――来年の意気込みもお願いします。

「ONE PIECE」のシーズン2も期待度の高い作品に参加しますので、よりシーズン1を超える良い作品にしたいなと思います。楽しみにしていてください。

《text:山根由佳/photo:タンスタ未央》

山根由佳

執筆・編集・校正・写真家のマネージャーなど何足もの草鞋を履くフリーライター。洋画・海外ドラマ・韓国ドラマの熱狂的ウォッチャー。観たい作品数に対して時間が圧倒的に足りないことが悩み。ホラー、コメディ、サスペンス、ヒューマンドラマが好き。

+ 続きを読む

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top