ディズニーが初めて“未来”を描いた最新作『ルイスと未来泥棒』全米大ヒットスタート 1枚目の写真・画像

『白雪姫』の誕生から70年。これまで数々の名作を世に送り出してきたウォルト・ディズニー・ピクチャーズが、その歴史の中で初めて“未来”を扱った最新アニメーション『ルイスと未来泥棒』が3月30日(金)、全米で公開初日を迎えた。3,400スクリーンで公開された本作は、オープニングの3日間で2,500万ドルの興行収入を記録。これは、アメリカにおける3月公開作品としては大ヒットと言える数字であり、最終興行収入1億ドル突破の大台を射程圏内に収めた。

最新ニュース
『ルイスと未来泥棒』 メイン
『ルイスと未来泥棒』 メイン

編集部おすすめの記事

特集

page top