寺島しのぶの絶賛に照れながらも熱く自作を語ってくれた。