『天国からのエール』 阿部寛