「恋は雨上がりのように」(C)眉月じゅん/小学館