『手紙 (2006)』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

川崎のリサイクル工場への送迎バス。最後部座席に、野球帽を目深に被った青年の姿がある。武島直貴(山田孝之)、20歳。誰とも打ち解けない、暗い目をしたこの青年には、人目を避ける理由があった。兄・剛志(玉山鉄二)が、直貴を大学にやるための学費欲しさに盗みに入った邸宅で、誤って人を殺してしまったのだ。数度にわたる引越しと転職。掴みかけたのに鼻先をすり抜けた、お笑い芸人になる夢。はじめて愛した女性との痛切な別離。兄貴がいる限り、俺の人生はハズレ。そういうこと…。耐え切れずに自暴自棄になる直貴を、深い絶望の底から救ったのは、常に現実から目をそらさず、日の当たる場所へと自分を引きずり出してきた由美子(沢尻エリカ)の存在だった。しかし、そのささやかな幸せが再び脅かされるようになった時、直貴は決意する。塀の中から届き続ける、この忌まわしい「手紙」という鎖を断ち切ってしまおうと。

スタッフ

生野慈朗

キャスト

作品データ

  • 2006年11月3日より渋谷東急ほか全国松竹・東急系にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2006『手紙』製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『手紙 (2006)』関連記事

「プロデューサーってこんなにスゴい!!」 NCW特別セミナー開催! 画像
スクープ

「プロデューサーってこんなにスゴい!!」 NCW特別セミナー開催!

開設から11年——。映画監督や宣伝マン、プロデューサーなど映画業界を目指す人々を育成し、数多くの映画人を輩出してきたニューシネマワークショップ(以下「NCW」)が2007年、次代の映画プロデューサーを養成する「映画プロデューサーコース」を開講。今年10月に第2期を迎える本コースのプレイベントとして、7月21日(月・祝)より特別セミナー「プロデューサーってこんなにスゴい!!」が開催される。

やっぱりテレビってスゴイ!──ブログで話題の映画って?<12月25日号> 画像
スクープ

やっぱりテレビってスゴイ!──ブログで話題の映画って?<12月25日号>

ウィル・スミスのパニック映画が首位に!

映画祭に行こう! vol.4 2006北京・日本映画週間 画像
コラム

映画祭に行こう! vol.4 2006北京・日本映画週間

2008年にオリンピック開催を控え、活気づく北京。日本企業も続々進出し、アジア全体から注目が集まっているこの街で、11月18日から24日、2006北京・日本映画週間が開催された。日本ではチェン・カイコー、ウォン・カーウァイという巨匠をはじめ、ジャ・ジャンクーなど新鋭監督の作品、さらには昨年公開された高倉健主演、チャン・イーモウ監督の『単騎、千里を走る。』など、海を越えた友情のもとに製作された日中合作も登場するほど、中国映画が定着。そんな中、中国で人気高まっている日本映画を一挙上映し、日中の文化交流を深めるのが、本映画祭の目的だ。

恋する男たち 特集 vol.1 玉山鉄二 特別インタビュー 画像
インタビュー

恋する男たち 特集 vol.1 玉山鉄二 特別インタビュー

映画『NANA』で見せたミュージシャンのカリスマ性。TVドラマ「離婚弁護士」で見せた青年のひたむきさ。ボールドのTVCMで見せる洗濯係のコミカルさ。玉山鉄二の魅力は、彼が演じるさまざまな役柄の中に、ほんの少しずつ潜んでいる。きりりとした精悍な面立ちにまっすぐな瞳、そして確かな演技力と存在感だけでなく、常に意外性を感じさせてくれる彼が、テレビ、CM、映画にと大活躍しているのも当然のことだろう。26歳にして、同年代の俳優にはない独特の落ち着きと色気を備えているこの俳優に今、メディアやジャンルの枠を超え、大きな注目が集まっている。

小柄な身体に大きな心 『手紙』主題歌 高橋 瞳インタビュー 画像
インタビュー

小柄な身体に大きな心 『手紙』主題歌 高橋 瞳インタビュー

玉山鉄二、山田孝之、沢尻エリカという豪華キャストの『手紙』。 そして、もう1人の主要キャストが主題歌を担当した高橋 瞳だ。現役高校生という彼女に話を聞いた。

直木賞作家東野圭吾『手紙』11月より公開決定 画像
スクープ

直木賞作家東野圭吾『手紙』11月より公開決定

殺人を犯し服役中の兄と、兄のため周囲から差別を受ける弟の兄弟愛を軸にした物語『手紙』が11月より公開されることが決定した。メインキャストには山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカと旬の実力派がそろう。

page top