『長江哀歌(エレジー)』作品情報

2007年8月18日 公開の映画作品

あらすじ

舞台は三峡ダム建設の進む四川省・奉節。主人公は2人の男女。1人は、16年前に家出して実家に戻ってしまった妻と娘に会いに来た山西省の炭鉱夫・サンミン(ハン・サンミン)。もう1人は、2年前に出稼ぎに行ったまま消息を絶った夫を探しに来た看護婦のシェンホン(チャオ・タオ)。2人のストーリーは別個に進行し、それぞれの結末を迎える…。第63回ヴェネチア映画祭で金獅子賞受賞し、大きな話題を巻き起こした、ジャ・ジャンクー作品のエッセンスが凝縮された傑作。『プラットホーム』で炭鉱夫を演じた韓三明(ハン・サンミン)がサンミン役を演じ、ジャ・ジャンクー映画のミューズとも言うべき趙濤(チャオ・タオ)がシェンホン役を演じている。

スタッフ

監督

ジャ・ジャンクー

キャスト

作品データ

  • 2007年8月18日よりシャンテ シネほか全国にて順次公開
  • 原題三峽好人 / Still Life
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『長江哀歌(エレジー)』関連記事

厳しい現実の中で生きる人々の一瞬のきらめきを描く『長江哀歌』ジャ・ジャンクー監督 画像
インタビュー

厳しい現実の中で生きる人々の一瞬のきらめきを描く『長江哀歌』ジャ・ジャンクー監督

カトリーヌ・ドヌーヴが審査員長を務めた2006年のヴェネチア国際映画祭で金獅子賞グランプリに選ばれた『長江哀歌』。本作は、2009年に完成予定の三峡ダム建設を背景に、そこに暮らす名もなき人々の生活を描いている。監督は、『世界』、『プラットホーム』のジャ・ジャンクーだ。

第7回東京フィルメックス オープニング・セレモニー『三峽好人(原題)』ジャ・ジャンクー監督舞台挨拶 画像
レポート

第7回東京フィルメックス オープニング・セレモニー『三峽好人(原題)』ジャ・ジャンクー監督舞台挨拶

作家性豊かな作品と、魅力あふれる作り手たちを紹介してきた国際映画祭「東京フィルメックス」。7回目を迎える今年も例年通り時代の最先端を切り拓いてゆく気鋭の監督たちの最新作が上映される。初日の11月17日(金)、東京国際フォーラムにてオープニング・セレモニーが行われた。

第7回東京フィルメックス・ラインナップ発表 画像
スクープ

第7回東京フィルメックス・ラインナップ発表

製作予算の大小に関わらず、既成の概念にとらわれない強烈な作家性のあふれる作品を紹介し、“新しい才能に道を開くこと”を使命としてきた国際映画祭「東京フィルメックス」。9月27日、東京国立近代美術館フィルムセンターにて記者会見が行われ、プログラム内容および上映スケジュールが発表された。

第63回ヴェネチア映画祭、ジャ・ジャンクー監督『三峽好人 Still Life(原題)』金獅子賞受賞 画像
スクープ

第63回ヴェネチア映画祭、ジャ・ジャンクー監督『三峽好人 Still Life(原題)』金獅子賞受賞

9月9日に閉幕した第63回ヴェネチア映画祭コンペティション部門において、中国のジャ・ジャンクー監督『三峽好人 Still Life(原題)』が、9日の授賞式で最高賞にあたる金獅子賞を獲得した。

page top