『今宵、フィッツジェラルド劇場で』作品情報

2007年3月3日 公開の映画作品

あらすじ

人気公開ラジオ番組「プレイリー・ホーム・コンパニオン」の最後のオンエアの日。出演者やスタッフたちが舞台裏でそれぞれの思いを抱き、準備をしていた。そんな中、ショウマネージャーのもとに“今夜、誰かが死ぬ”という謎の女性からの電話が掛かる…。果たしてその電話の意味するところは? いよいよショウの幕が上がる…。アカデミー賞名誉賞を受賞した巨匠ロバート・アルトマン最新作。豪華キャストが奏でる複雑に絡み合った一夜の人生模様を見事に描き出す。

スタッフ

監督

ロバート・アルトマン

キャスト

作品データ

  • 2007年3月3日より銀座テアトルシネマ、Bunkamuraル・シネマほか全国にて公開
  • 原題A Prairie Home Companion
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『今宵、フィッツジェラルド劇場で』関連記事

国内賞レーススタート! 加瀬亮主演の『それでもボクはやってない』がまずは2冠! 画像
スクープ

国内賞レーススタート! 加瀬亮主演の『それでもボクはやってない』がまずは2冠!

毎年年末、国内映画賞レースの先陣を切って発表される、報知新聞社主催の報知映画賞。第32回目を迎える今年の受賞作品が11月27日(火)に発表され、彩り豊かな作品からの受賞者たちが並んだ。

ロバート・アルトマン監督の遺作がいよいよ公開!『今宵フィッツジェラルド劇場で』 画像
コラム

ロバート・アルトマン監督の遺作がいよいよ公開!『今宵フィッツジェラルド劇場で』

ロバート・アルトマン監督を知らないという人であっても、世界3大映画祭(カンヌ、ヴェネチア、ベルリン)で最高賞を受賞、米アカデミー監督賞は史上最多の5度ノミネートという受賞歴を聞けば、いかに素晴らしく、いかに才能ある映画作家であったのかが分かるだろう。本作『今宵、フィッツジェラルド劇場で』は、彼の代表作の一部『ナッシュビル』、『カンザス・シティ』同様に音楽を題材にしたトラジコメディ(悲喜劇)であり、また、2006年11月20日にこの世を去った(享年81歳)アルトマンの遺作でもある。

「再生」の物語を「再生」の学校で!ロバート・アルトマン監督最後の作品『今宵、フィッツジェラルド劇場で』IN世田谷ものづくり学校開催 画像
スクープ

「再生」の物語を「再生」の学校で!ロバート・アルトマン監督最後の作品『今宵、フィッツジェラルド劇場で』IN世田谷ものづくり学校開催

『M★A★S★H』『ショート・カッツ』『ゴスフォード・パーク』等を世に送り出し、アカデミー賞名誉賞を受賞した、巨匠ロバート・アルトマン。彼の遺作となった『今宵、フィッツジェラルド劇場で』。30年以上に渡り、4,300万人のリスナーを抱えたアメリカで、現在も放映されている伝説の公開ラジオ歌番組を舞台に、別れと再生の物語を描いた人間賛歌ドラマだ。

巨匠ロバート・アルトマン最後の作品『今宵、フィッツジェラルド劇場で』3月3日公開初日決定 画像
スクープ

巨匠ロバート・アルトマン最後の作品『今宵、フィッツジェラルド劇場で』3月3日公開初日決定

カンヌ(『M★A★S★H マッシュ』)、ベルリン(『ビッグ・アメリカン』)、ベネチア(『ショート・カッツ』)と世界3大国際映画祭最高賞を制覇した巨匠ロバート・アルトマン。昨年の11月20日、世界中の映画ファンに死を惜しまれながら81年間の生涯に幕を下ろしたアルトマン監督は、5回のアカデミー賞監督賞ノミネートを経て、昨年のアカデミー賞で名誉賞を受賞した。その監督の遺作となった『今宵、フィッツジェラルド劇場で』の日本公開初日が3月3日(土)に決定。銀座テアトルシネマ、Bunkamuraル・シネマほかにて全国順次公開される。

page top