アドベンチャー/ ファンタジー/ ディズニー 『ルイスと未来泥棒』作品情報

2007年12月22日 公開の映画作品

あらすじ

孤児院で暮らす、ひとりぼっちの少年・ルイス(ダニエル・ハンセン)。才能溢れる彼の最新の大発明は、≪メモリー・スキャナー≫という名の、忘れてしまった記憶を甦らせる装置だった。ルイスは赤ちゃんの頃の自分の記憶を甦らせ、母親がなぜ自分を捨てたのか、その理由を知ろうと考えたのだった。しかし、メモリー・スキャナーは山高帽を被った謎の男(スティーヴン・J・アンダーソン)に盗まれてしまい、絶望したルイスは発明そのものを諦めようとした…。そのとき、ウィルバー・ロビンソン(ウェズリー・シンガーマン)と名乗る不思議な少年が現れ、ルイスをタイムマシンに乗せ未来へと連れていった。そこで待っていたのは、ひとり暮らしの素晴らしい発明家によって建設された夢の未来都市と、ウィルバーの個性豊かな家族たち。彼らの温かな励ましによって、ルイスは再び発明家を目指す決意をし、ウィルバーと共に山高帽の男からメモリー・スキャナーを取り戻そうとする。それは、未来世界の運命を左右し、ルイス自身の驚くべき秘密を明らかにする冒険の始まりだった…。

スタッフ

監督

スティーヴン・J・アンダーソン

キャスト

  • ダニエル・ハンセンルイス
  • ウェズリー・シンガーマンウィルバー
  • スティーヴン・J・アンダーソン山高帽の男

作品データ

  • 2007年12月22日より丸の内ピカデリー2ほか全国にて公開
  • 原題MEET THE ROBINSONS
  • 製作年2007
  • 製作国アメリカ合衆国
  • 上映時間102分
  • 映倫区分
  • 配給会社ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ
  • クレジット©DISNEY ENTERPRISES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 公式サイト

『ルイスと未来泥棒』関連記事

いまの映画業界は邦画が一番人気?──ブログで話題の映画って?<1月8日号> 画像
スクープ

いまの映画業界は邦画が一番人気?──ブログで話題の映画って?<1月8日号>

「あなたが地球上でたった一人の人間だったらどうしますか?」

やっぱりテレビってスゴイ!──ブログで話題の映画って?<12月25日号> 画像
スクープ

やっぱりテレビってスゴイ!──ブログで話題の映画って?<12月25日号>

ウィル・スミスのパニック映画が首位に!

これまでのディズニーとは一味違う個性的なキャラクターが魅力『ルイスと未来泥棒』 画像
コラム

これまでのディズニーとは一味違う個性的なキャラクターが魅力『ルイスと未来泥棒』

赤ん坊の頃に養護施設に置き去りにされ、そこで育った少年・ルイス。友達もいない、ひとりぼっちの彼の楽しみは発明をすること。でも、いつも失敗ばかり…それでも挫けず発明を続けているのには理由があった。「一度でいいから、ママに会いたい」。母を捜し出すために、忘れてしまった記憶を呼び戻すための“メモリー・スキャナー”を発明しようとしていたのだ。しかし、山高帽をかぶった怪しい男“未来泥棒”がそのマシンを奪い去り、さらに「未来からやって来た」という少年が現れ、ルイスは未来へタイムトラベルすることに!

前作と新作、話題度が高いのは?──ブログで話題の映画って?<12月18日号> 画像
スクープ

前作と新作、話題度が高いのは?──ブログで話題の映画って?<12月18日号>

犬vsゾンビ!? 僅差で制したのはコチラ!

「いつもより地味」な小林幸子がディズニー話題作の試写会を派手にプロデュース! 画像
レポート

「いつもより地味」な小林幸子がディズニー話題作の試写会を派手にプロデュース!

ディズニーが贈る最新アニメーションにして、ディズニー史上初めて“未来”を舞台としたことでも話題を集めている『ルイスと未来泥棒』が12月22日(土)より公開される。ちなみに今年2007年はウォルト・ディズニーが初の長編アニメーション『白雪姫』を発表してからちょうど70周年の記念の年。そこでこれを記念して12月10日(月)に『ルイスと未来泥棒』と『白雪姫』を2本立てで上映するプレミア試写会が開催された。上映前の舞台挨拶に、この試写会のプロデュースを手がけ、『ルイスと未来泥棒』日本語吹き替え版にも参加している歌手の小林幸子、本作の宣伝親善大使であるサイエンスプロデューサーの米村でんじろう、そして漫才コンビの麒麟の2人が登場し、会場は大きな盛り上がりを見せた。

演歌界のクイーン・小林幸子 ディズニー最新作で7年ぶりの声優に挑戦! 画像
スクープ

演歌界のクイーン・小林幸子 ディズニー最新作で7年ぶりの声優に挑戦!

世界中の子供たちへ無限の夢と希望を贈るウォルト・ディズニー・ピクチャーズが、誕生70周年を迎えて初めて“未来”というテーマに挑んだ最新作『ルイスと未来泥棒』。本国アメリカでは3月に公開されると同時に大ヒットを記録した本作が、12月22日(土)より日本でも公開される。その日本語吹き替え版の声優として、このたび大のディズニー好きで知られる小林幸子が選ばれた。

蜘蛛のヒーローがV2を達成! 前2作を上回れるか? 全米TOP10 画像
スクープ

蜘蛛のヒーローがV2を達成! 前2作を上回れるか? 全米TOP10

日本でも5月1日(火)の公開以来、ずーっと首位を独走し続けている『スパイダーマン3』が全米でもV2を達成! 2億ドルも早々にクリアし、3億ドルもそう遠くない。やはり目指すは、『スパイダーマン』(歴代7位!)の4億ドル越え。ちなみに『スパイダーマン2』は3.7億ドルで歴代10位。

やはり、この人は強かった…。『スパイダーマン3』がぶっちぎりでNo.1! 画像
スクープ

やはり、この人は強かった…。『スパイダーマン3』がぶっちぎりでNo.1!

いよいよというか、ようやくというか、先週末に全米で『スパイダーマン3』が公開。予想通りの結果となった。2位以下を大きく引き離しての首位。ほかにも話題作がいくつか公開されたのだが、TOP10圏内には姿を見せず…。やはり誰もがクモのヒーローの登場を心待ちにしていたようだ。

『ディスタービア(原題)』がV3達成の快挙! とはいえ微妙な全米TOP10 画像
スクープ

『ディスタービア(原題)』がV3達成の快挙! とはいえ微妙な全米TOP10

8月公開の『トランスフォーマー』も楽しみなシャイア・ラブーフ主演のホラー『ディスタービア(原題)』がV3を達成! とは言うものの、全般的に数字は低い。今週末からのサマー・シーズンのスタートを控え、劇場から足が遠のいた結果であることは間違いないだろう。

来週末にはいよいよ『スパイダーマン3』が公開! 先週末の全米TOP10 画像
スクープ

来週末にはいよいよ『スパイダーマン3』が公開! 先週末の全米TOP10

驚くことに低予算のホラー『ディスタービア(原題)』がV2を達成した先週末のボックスオフィス。新作が4本ランクインされているにもかかわらず、トップの座を死守するという快挙。でも、先週から40%ほど数字が落ちているので、単にほかに良い作品がなかったのかも。

『ブレイズ・オブ・グローリー』V3ならず! 4/13〜15の全米TOP10 画像
スクープ

『ブレイズ・オブ・グローリー』V3ならず! 4/13〜15の全米TOP10

サマーシーズンを控え、あまり大きな作品が公開されなかったせいか、ホラー作品『ディスタービア(原題)』が首位となった先週末のボックスオフィス。コメディ好きならツボにはまることは間違いないであろう『ブレイズ・オブ・グローリー(原題)』がついに首位から転落(とは言っても2位ですが)した形となった。

ファミリー・アニメよりもコメディが強い!?4/6-4/8の全米公開作TOP10 画像
スクープ

ファミリー・アニメよりもコメディが強い!?4/6-4/8の全米公開作TOP10

先週末のボックスオフィスはなんと、ウィル・フェレルとジョン・ヘダのアイススケート・コメディ『ブレイズ・オブ・グローリー(原題)』が2週連続1位を獲得。2位も先週と同じく『ルイスと未来泥棒』。どちらも30%程度しか数字が落ちておらず、息の長いヒットになりそう。

フィギュアスケート映画がディズニーの最新作を抑えて“金メダル”獲得!3/30-4/1の全米TOP3は? 画像
スクープ

フィギュアスケート映画がディズニーの最新作を抑えて“金メダル”獲得!3/30-4/1の全米TOP3は?

先週末のボックスオフィスで1位を獲得したのは、ウィル・フェレル、ジョン・ヘダ主演の『ブレイズ・オブ・グローリー(原題)』。世界大会で乱闘騒ぎを起こしたためメダルを剥奪され、スケート界を追放されたシングル・プレイヤーの男2人が主人公。この2人が数年後、再び大会に出場する方法を見つけるのだが…というフィギュアスケートがモチーフのコメディだ。日本ではある意味カルト的な人気を博している『エルフ〜サンタの国からやってきた〜』のウィルと『バス男』のジョンというコンビ…。つまり、劇場公開せずにDVD発売される可能性が大きいということ。しかし、ウィル主演作の『主人公は僕だった』が5月に公開されることに加え、ミキティ&真央ちゃん効果でスケートが注目を浴びているだけに(高橋選手のテレビCMもあるし!)、劇場公開を切に希望!

ディズニーが初めて“未来”を描いた最新作『ルイスと未来泥棒』全米大ヒットスタート 画像
スクープ

ディズニーが初めて“未来”を描いた最新作『ルイスと未来泥棒』全米大ヒットスタート

『白雪姫』の誕生から70年。これまで数々の名作を世に送り出してきたウォルト・ディズニー・ピクチャーズが、その歴史の中で初めて“未来”を扱った最新アニメーション『ルイスと未来泥棒』が3月30日(金)、全米で公開初日を迎えた。3,400スクリーンで公開された本作は、オープニングの3日間で2,500万ドルの興行収入を記録。これは、アメリカにおける3月公開作品としては大ヒットと言える数字であり、最終興行収入1億ドル突破の大台を射程圏内に収めた。

page top