ドラマ/ ヒューマン/ コメディ 『リトル・ミス・サンシャイン』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

主人公はアメリカのとある一家「フーヴァー家」。末の娘(アビゲイル・ブレスリン)を美少女コンテストに出場させるため一家で旅に出るのだが一家が赴く先々で大騒動が巻き起こる。父リチャード(グレッグ・キニア)、母シェリル(トニ・コレット)をはじめ強烈な風刺と深い人間性を同時に備えた一家を魅力的に描いたロードムービー。

スタッフ

監督

ジョナサン・デイトン

監督

ヴァレリー・ファリス

キャスト

  • アビゲイル・ブレスリンオリーヴ・フーヴァー
  • グレッグ・キニアリチャード・フーヴァー
  • トニ・コレットシェリル・フーヴァー
  • ポール・ダノドウェーン・フーヴァー
  • スティーヴ・カレルフランク

作品データ

  • 2006年12月23日よりシネクイントほかにて公開
  • 原題LITTLE MISS SUNSHINE
  • 製作年2006
  • 製作国アメリカ合衆国
  • 上映時間100分
  • 映倫区分PG-12
  • 配給会社20世紀フォックス
  • クレジットTM & ©2006 Twentieth Centry Fox. All rights reserved.
  • 公式サイト

『リトル・ミス・サンシャイン』関連記事

こどもの日に観たい! ひたすらキュートなキッズ映画8選 画像
コラム

こどもの日に観たい! ひたすらキュートなキッズ映画8選

5月5日はこどもの日! 子どもたちの健やかな成長や幸せを願う祝日を記念し、キュートなキッズが大活躍する映画をピックアップ。

小説に書いた理想の女の子が、目の前に現れたら? 『ルビー・スパークス』予告編解禁 画像
スクープ

小説に書いた理想の女の子が、目の前に現れたら? 『ルビー・スパークス』予告編解禁

『リトル・ミス・サンシャイン』('06)で世界中を熱狂させたジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督による6年ぶりの新作『ルビー・スパークス』がこの冬、日本でも公開となる。そしてこのたび、本作のとびきりキュートな予告編がどこよりも早くシネマカフェに到着した。

【どちらを観る?】姉兄派? 妹弟派? 夏に観たい、ほろ苦く、心温まる“家族”映画 画像
コラム

【どちらを観る?】姉兄派? 妹弟派? 夏に観たい、ほろ苦く、心温まる“家族”映画

事件現場の清掃業という怪しげな仕事をきっかけに、どん底だった人生を再生させていく姉妹の奮闘を描く『サンシャイン・クリーニング』と、父親の葬式で顔を合わせた兄弟とその親族がユーモラスな騒動を繰り広げる『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』。ほろ苦いストーリーをユーモアとハートウォーミングな感動でコーティングした2作が公開。その両方で見つめられているのが、どこにでもあるリアルな家族の姿だ。

キャメロン・ディアスが新作でスキンヘッド姿に 画像
ゴシップ

キャメロン・ディアスが新作でスキンヘッド姿に

キャメロン・ディアスが現在ロサンゼルスで撮影中の主演作『My Sister's Keeper』(原題)で、スキンヘッドになった。

気になる話題作が集まる「ショーウエスト2008」で、スター勢ぞろいの授賞式が開催 画像
ゴシップ

気になる話題作が集まる「ショーウエスト2008」で、スター勢ぞろいの授賞式が開催

全米劇場主協会が主催する、映画配給会社と興行主向けの見本市「ショーウエスト2008」がラスベガスで10日から13日まで開催され、ヒース・レジャー扮するジョーカーの活躍が印象深い『ダークナイト』をはじめ、今年の話題作のラインナップの紹介が行われた。11日にはショーウエスト・ヴァンガード賞授賞式がパリス・ラスベガスで行われた。

オーウェン・ウィルソン、ジェニファー・アニストンとの共演作でスクリーンに復帰 画像
ゴシップ

オーウェン・ウィルソン、ジェニファー・アニストンとの共演作でスクリーンに復帰

昨年8月に自殺未遂で緊急入院し、ハリウッドにショックを与えたオーウェン・ウィルソン。2月25日にはアカデミー賞にプレゼンターとして出席し、元気な顔を見せた彼は俳優として演ずる仕事にも復帰、ジェニファー・アニストンと共演する最新作『Marley & Me』(原題)の撮影がマイアミで始まった。

やっぱり『ドリームガールズ』にはドラマが満載!アカデミー賞舞台裏 vol.2 画像
ゴシップ

やっぱり『ドリームガールズ』にはドラマが満載!アカデミー賞舞台裏 vol.2

桜満開、春は大好きな季節です。お花見に行かれた方も大勢いるのではないでしょうか?

最優秀脚本賞『リトル・ミス・サンシャイン』受賞 画像
スクープ

最優秀脚本賞『リトル・ミス・サンシャイン』受賞

ちょっと不思議な一家のロード・ムービー『リトル・ミス・サンシャイン』が脚本賞を受賞。『バベル』のギレルモ・アリアガ、『硫黄島からの手紙』のポール・ハギスとアイリス・ヤマガタ、『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ、『クィーン』のピーター・モーガンと並み居る強豪を制したマイケル・アーントは初ノミネート初受賞となった。

最優秀助演男優賞『リトル・ミス・サンシャイン』アラン・アーキン受賞 画像
スクープ

最優秀助演男優賞『リトル・ミス・サンシャイン』アラン・アーキン受賞

第79回アカデミー賞最優秀助演男優賞を『リトル・ミス・サンシャイン』のアラン・アーキンが受賞した。アランは老人ホームを追い出されてしまうほどの問題行動で家族を困らせながらも、主人公のオリーヴにダンスの振り付けを教える孫思いの祖父役を演じている。

2007年の賞レース、有力候補の顔ぶれは? vol.3 いよいよ本番。第79回アカデミー賞 ノミネート発表 画像
コラム

2007年の賞レース、有力候補の顔ぶれは? vol.3 いよいよ本番。第79回アカデミー賞 ノミネート発表

ゴールデン・グローブ賞の発表から約1週間。ついに、ハリウッド映画最高の栄誉、第79回アカデミー賞のノミネート発表がありました。予想通り、作品賞には『バベル』『ディパーテッド』が。『硫黄島からの手紙』もこの部門に参戦。外国語賞ではなく。この3作と『クィーン』は監督賞でもノミネート。これら大作に並んで食い込んできた『リトル・ミス・サンシャイン』が、どんな激戦を見せてくれるのか楽しみです。残念ながら、作品賞には入らなかったものの、監督として評価を受けたのが、のポール・グリーングラス。いまだ、多くの人の心に大きな傷を残している9.11のテロの渦中にあった人々を描いた『ユナイテッド93』では、確かに巧みな演出力に圧倒されました。

ブラピ、レオ、硫黄島——第79回アカデミー賞ノミネート作品発表 画像
スクープ

ブラピ、レオ、硫黄島——第79回アカデミー賞ノミネート作品発表

映画界最大の祭典、第79回アカデミー賞ノミネート作品が1月23日22:30(日本時間)ロサンゼルスのビバリーヒルズにあるサミュエル・ゴールドウィン・センターにて発表された。作品賞にノミネートされたのはゴールデン・グローブ賞最優秀作品賞受賞、日米共演が話題の『バベル』、先週主演のレオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督が来日したばかりの『ディパーテッド』、イーストウッド監督が日本人キャストで硫黄島の戦いを描いた『硫黄島からの手紙』、異例のロングランヒットを記録したロード・ムービー『リトル・ミス・サンシャイン』、そしてダイアナとエリザベス女王の間の確執を初めて映画化した『クィーン』の5作品。

10歳のキュートなヒロイン『リトル・ミス・サンシャイン』アビゲイル・ブレスリン来日インタビュー 画像
インタビュー

10歳のキュートなヒロイン『リトル・ミス・サンシャイン』アビゲイル・ブレスリン来日インタビュー

独自の成功論を家族にまで押し付ける教師の父、バラバラの家族を必死にまとめようとする母、家族を嫌って沈黙を続ける兄、ヘロイン常用者で老人ホームから追い出された祖父、失恋が原因で自殺を図ったゲイの伯父、そしてビューティ・クイーンを夢見る少女・オリーヴ——。このちょっと変わった家族を乗せて1台のオンボロバスが走り出す。行き先は、少女たちが美を競う“リトル・ミス・サンシャイン”コンテスト。家族の絆をテーマにしたロードムービー『リトル・ミス・サンシャイン』のキュートなヒロイン、アビゲイル・ブレスリンが日本にやってきた。

第64回ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表 画像
スクープ

第64回ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表

第64回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが12月14日(現地時間)発表された。最優秀作品賞(ドラマ部門)に見事ノミネートを果たしたのは、『バベル』『ボビー』『ディパーテッド』『LITTLE CHILDREN (原題)』『クィーン』の5本。また最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル部門)には『BORAT: CULTURAL LEARNINGS OF AMERICA FOR MAKE BENEFIT GLORIOUS NATION OF KAZAKHSTAN (原題)』『プラダを着た悪魔』『ドリームガールズ』『リトル・ミス・サンシャイン』『サンキュー・スモーキング』の5本が発表された。

アカデミー賞前哨戦、2006年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表 画像
スクープ

アカデミー賞前哨戦、2006年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表

毎年アカデミー賞までの賞レースの先陣を斬って発表されるナショナル・ボード・オブ・レビュー賞が、ニューヨーク現地時間12月6日(水)に発表となった。ナショナル・ボード・オブ・レビューはニューヨークの映画専門家120人ほどの投票によって決められ、95年の歴史を誇る権威ある賞。

第19回東京国際映画祭クロージング&各賞決定! 画像
スクープ

第19回東京国際映画祭クロージング&各賞決定!

10月21日(土)より9日間にわたり開催されていた第19回東京国際映画祭が盛況のうちに29日クロージングを迎えた。渋谷のBunkamuraオーチャードホールにて行われたクロージングセレモニーにおいて各賞授賞結果が発表され、ミシェル・ハザナヴィシウス監督『OSS 117 カイロ、スパイの巣窟』が本年度の東京 サクラ グランプリに輝いた。

話題作に満席の観客『リトル・ミス・サンシャイン』舞台挨拶「第19回東京国際映画祭」9日目 画像
レポート

話題作に満席の観客『リトル・ミス・サンシャイン』舞台挨拶「第19回東京国際映画祭」9日目

映画祭8日目。東京 サクラ グランプリ発表前日の10月28日(土)、渋谷Bunkamuraオーチャードホールはコンペティション作品『リトル・ミス・サンシャイン』を観ようと1階はもちろん、2階も3階も埋め尽くす観客の熱気に包まれた。

page top