『ミリキタニの猫』作品情報

2007年9月8日 公開の映画作品

あらすじ

「戦争ではなくアートを創りだす」をモットーに絵を描き続ける日系アメリカ人画家ジミー・ミリキタニを追ったドキュメンタリー。カリフォルニア生まれで広島育ちの日系人画家は、2001年にニューヨークで路上生活を送っていた。そんな彼の絵に魅せられたフィルムメーカーとの奇妙な友情。そして9月11日にニューヨークを襲った悲劇。同時多発テロ直後の混乱のさなか、猫と暮らすフィルムメーカーのもとにジミーが越してきて奇妙な共同生活が始まる。カリフォルニア、ヒロシマ、ニューヨークと、国境を越えて数奇な人生を生きた80歳の日系アメリカ人路上画家、ジミー・ミリキタニの魂の軌跡を追った、ドキュメンタリー・ロードムービー。戦争と人種差別が生み出す傷の深さ、アートと友情がもたらす癒しを親密な視点から描く。

スタッフ

キャスト

作品データ

  • 2007年9月8日よりユーロスペースほか全国にて順次公開
  • 原題The Cats Of Mirikitani
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© lucid dreaming inc.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ミリキタニの猫』関連記事

「いまや家族同然」日系人ホームレスの画家を描くドキュメンタリー『ミリキタニの猫』 画像
インタビュー

「いまや家族同然」日系人ホームレスの画家を描くドキュメンタリー『ミリキタニの猫』

N.Y.の路上で、猫の絵を売る80歳の日系人ホームレス。彼の名前はジミー・ミリキタニ、そして“偉大な画家”。彼の絵を買った彼女に、彼は自分の写真を撮って欲しいとねだる。軽い気持ちでビデオカメラを抱えて撮影を始めた彼女は、やがて9.11事件の日、煙の中で独り絵を描き続ける老人を見かね、自分の家へと招き入れた。偶然の出会いによって起きる奇跡と平和への願い。それらを暖かいユーモアで描いたこのドキュメンタリー『ミリキタニの猫』は、監督たちのホームタウンであるトライベッカ映画祭での観客賞、東京国際映画祭での日本映画・ある視点部門最優秀作品賞をはじめ、各国で賞賛を受けている。本作のプロモーションのために来日したリンダ・ハッテンドーフ監督に、話を聞いた。

第19回東京国際映画祭クロージング&各賞決定! 画像
スクープ

第19回東京国際映画祭クロージング&各賞決定!

10月21日(土)より9日間にわたり開催されていた第19回東京国際映画祭が盛況のうちに29日クロージングを迎えた。渋谷のBunkamuraオーチャードホールにて行われたクロージングセレモニーにおいて各賞授賞結果が発表され、ミシェル・ハザナヴィシウス監督『OSS 117 カイロ、スパイの巣窟』が本年度の東京 サクラ グランプリに輝いた。

page top