『ヘンダーソン夫人の贈り物』作品情報

2006年12月23日 公開の映画作品

あらすじ

1937年、莫大な遺産を受け継ぎ未亡人となったヘンダーソン夫人(ジュディ・デンチ)は、ロンドンのウィンドミル劇場を買い取り、支配人として雇ったヴァンダム(ボブ・ホスキンス)との二人三脚で、イギリスの歴史に残る斬新な舞台を企画する。それは戦争に突入する暗い世の中を元気づけるべくヌードレビューを見せるという、当時では決して考えられないアイディアだった…。莫大な遺産を受け継ぎ未亡人となったローラ・ヘンダーソンの時代や常識に捕らわれない魅力的な素顔を、実話に基づき描き出す。監督は『危険な関係』や『堕天使のパスポート』などで常に気高く生きる人々を描き、『クイーン』ではエリザベス女王の半生を取り上げて再び注目を集めるスティーヴン・フリアーズ。

スタッフ

監督

スティーヴン・フリアーズ

キャスト

作品データ

  • 2006年12月23日よりBunkamuraル・シネマにて公開
  • 原題MRS. HENDERSON PRESENTS
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© MICRO-FUSION 2004-1 LLP 2005
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ヘンダーソン夫人の贈り物』関連記事

page top