『サッド ヴァケイション』作品情報

2007年9月8日 公開の映画作品

あらすじ

母に捨てられ、精神を病んだ父は自殺を図り、親も無く育った健次(浅野忠信)。ある日運転代行の仕事で間宮(中村嘉葎雄)と出会う。間宮が経営する運送会社には、過去を語れない者、誰かに追われている者、様々な者たちが互いに詮索しあうことなく暮らしている。偶然にも間宮の妻・千代子(石田えり)が自分を捨てていった母であることを知った健次。そしてある思惑から彼らと共同生活を始めた。逃れられない強い結びつきがそうさせるのか、血に呪縛され血に刃向かう健次、運命に導かれ運命に翻弄される母・千代子。再びともに暮らし始めた2人を待っていたものは─―。原作は青山真治監督自身が書き下ろした同名小説。

スタッフ

監督

青山真治

キャスト

作品データ

  • 2007年9月8日よりシネマライズほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 間宮運送組合 2007
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『サッド ヴァケイション』関連記事

もう二度とこのメンバーは集まらない? 総勢9名がご挨拶『サッド ヴァケイション』 画像
レポート

もう二度とこのメンバーは集まらない? 総勢9名がご挨拶『サッド ヴァケイション』

世界三大映画祭として有名なヴェネチア映画祭。今年で第64回を迎えるこの映画祭のオープニングを飾ったのが、青山真治監督の『サッド ヴァケイション』だ。本作が9月8日(土)に初日を迎え、主演の浅野忠信、青山真治監督ほか、石田えり、オダギリジョー、宮崎あおい、板谷由夏、光石研、とよた真帆、斉藤陽一郎とメインキャストが勢揃いした舞台挨拶が行われた。

【ヴェネチア映画祭レポートvol.05】総勢10名! 浅野忠信らレッドカーペット 画像
レポート

【ヴェネチア映画祭レポートvol.05】総勢10名! 浅野忠信らレッドカーペット

映画祭には世界中からゲストが参加しているが、上映作品中、もっとも多くのキャストがレッドカーペットを歩いたのは、オリゾンティ(地平線)部門で上映された青山真治監督の『サッド ヴァケイション』チームだろう。

海外からの上映オファーも殺到? 『サッド ヴァケイション』ヴェネチアお目見え! 画像
レポート

海外からの上映オファーも殺到? 『サッド ヴァケイション』ヴェネチアお目見え!

青山真治監督の最新作『サッド ヴァケイション』。日本公開に先駆けて、8月31日、開催中の第64回ヴェネチア国際映画祭にて上映され、栄えある<オリゾンティ部門>の幕開けを飾った。キャスト9名が顔を揃えたレッドカーペット・セレモニーと、スタンディング・オベーションをわき起こした公式上映に続き、9月1日(土)、青山監督に加え、浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、オダギリジョー、光石研、とよた真帆、高良健吾の計7名のキャスト陣による日本のマスコミ向け記者会見が行われた。

【ヴェネチア映画祭レポートvol.01】初日から衝撃的な映画で記者会見が楽しみ! 画像
レポート

【ヴェネチア映画祭レポートvol.01】初日から衝撃的な映画で記者会見が楽しみ!

第64回ヴェネチア国際映画祭が8月29日、ヴェネチアの南にあるリド島で開幕した。開幕式には、オープニング作品である英国映画『Atonement』(原題/ジョー・ライト監督)に主演したキーラ・ナイトレイをはじめ、共演のヴァネッサ・レッドグレーヴや、審査委員長であるチャン・イーモウ、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥらが参加。繊細なレースのドレスに身を包んだキーラがレッドカーペットに登場すると、「キーラ! キーラ!」の大合唱が起こり、キーラも笑顔で握手やサインに応じていた。

石田えり本音トーク全開! “邪悪な女”と“理想の母親”どちらに見える?  画像
レポート

石田えり本音トーク全開! “邪悪な女”と“理想の母親”どちらに見える? 

青山真治監督が構想に10年をかけ、『Helpless』、『EUREKA ユリイカ』に続いて北九州を舞台に描き出した人間ドラマ『サッド ヴァケイション』。本作のポスターには“あの女を不幸にするためなら、俺はどんなことでもやってやる”という強烈な言葉が並べられている。浅野忠信扮する主人公・健次をかつて捨てた母親である“あの女”千代子を演じた石田えりが、8月28日(火)に開催されたトークイベントに登場。自身の役柄や作品、撮影についての石田さんの本音トークに会場は大きな盛り上がりを見せた。

「相手がいてこそ自分の芝居ができる」高良健吾が語る『サッド ヴァケイション』 画像
インタビュー

「相手がいてこそ自分の芝居ができる」高良健吾が語る『サッド ヴァケイション』

『サッド ヴァケイション』オフィシャルサイト連動インタビュー企画 “サッド ヴァケイションを紡ぐ者たち”

祝100万人! 北九州発「スターフライヤー」と『サッド ヴァケイション』の関係 画像
レポート

祝100万人! 北九州発「スターフライヤー」と『サッド ヴァケイション』の関係

クールな黒に身を染めた機体、そして全席が黒の本革張り、エコノミークラスとは思えないビジネスクラス級のゆとりを持つ、その名も「スターフライヤー」。昨年の3月に福岡・北九州と東京を結ぶエアラインとして誕生した、この“黒い飛行機”が8月9日(木)、ついに搭乗者100万人を達成した。同日、この記念セレモニーが開催され、同社とコラボレーション・キャンペーンを行っている映画『サッド ヴァケイション』から青山真治監督、板谷由夏がお祝いに駆けつけ、スターフライヤーに対する思い、そして作品について語ってくれた。

ヴェネチアに続き、『サッド ヴァケイション』トロント国際映画祭に正式出品! 画像
スクープ

ヴェネチアに続き、『サッド ヴァケイション』トロント国際映画祭に正式出品!

日本映画界で確かな存在感を放つ俳優・浅野忠信と監督・青山真治が再びタッグを組んだ『サッド ヴァケイション』。先日、『監督・ばんざい!』、『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』とともにヴェネチア国際映画祭への出品が決定した本作が、続いて9月6日(木)より開催されるトロント国際映画祭の<ヴァンガード部門>に正式出品されることが決定した。

浅野忠信ら豪華キャストが総集結 『サッド ヴァケイション』がヴェネチアへ出品決定 画像
スクープ

浅野忠信ら豪華キャストが総集結 『サッド ヴァケイション』がヴェネチアへ出品決定

九州の田舎町を舞台に、バスジャック事件で深い傷を負った被害者たちの心の崩壊、そして再生への旅を描いた『EUREKA ユリイカ』('00)でカンヌ映画祭において高い評価を受けた青山真治監督。続く2作もカンヌに正式出品され、すっかり国際舞台の常連となった監督の待望の最新作『サッド ヴァケイション』が、本年度のヴェネチア国際映画祭の<オリゾンティ部門>に正式出品され、そのオープニング作品として8月31日(金)に上映されることが決定した。

揺るぎない女性は怖い(?)青山監督と10年経っても変わらない浅野忠信が再タッグ! 画像
レポート

揺るぎない女性は怖い(?)青山監督と10年経っても変わらない浅野忠信が再タッグ!

『Helpless』、『EUREKA ユリイカ』に続き青山真治監督の北九州三部作の最後を飾る『サッド ヴァケイション』。本作の完成披露が5月31日(木)に行われ、青山監督、主演の浅野忠信ほか、畔上真次、石田えり、板谷由夏が舞台挨拶を行った。

page top