【ヴェネチア映画祭レポートvol.01】初日から衝撃的な映画で記者会見が楽しみ!

第64回ヴェネチア国際映画祭が8月29日、ヴェネチアの南にあるリド島で開幕した。開幕式には、オープニング作品である英国映画『Atonement』(原題/ジョー・ライト監督)に主演したキーラ・ナイトレイをはじめ、共演のヴァネッサ・レッドグレーヴや、審査委員長であるチャン・イーモウ、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥらが参加。繊細なレースのドレスに身を包んだキーラがレッドカーペットに登場すると、「キーラ! キーラ!」の大合唱が起こり、キーラも笑顔で握手やサインに応じていた。

最新ニュース レポート
レッド・カーペットでにこやかにサインに応じるキーラ
  • レッド・カーペットでにこやかにサインに応じるキーラ
第64回ヴェネチア国際映画祭が8月29日、ヴェネチアの南にあるリド島で開幕した。開幕式には、オープニング作品である英国映画『Atonement』(原題/ジョー・ライト監督)に主演したキーラ・ナイトレイをはじめ、共演のヴァネッサ・レッドグレーヴや、審査委員長であるチャン・イーモウ、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥらが参加。繊細なレースのドレスに身を包んだキーラがレッドカーペットに登場すると、「キーラ! キーラ!」の大合唱が起こり、キーラも笑顔で握手やサインに応じていた。

今年、日本からはヴェネチア・マエストロとして招待された北野武監督の『監督・ばんざい!』をはじめ、金獅子賞を競うコンペティション部門に三池崇史監督の『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』、前衛的な作品を上映するオリゾンティ部門に青山真治監督の『サッド ヴァケイション』が参加。さらにジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ユアン・マクレガー、ジュード・ロウら錚々たる面々がヴェネチアに顔を見せる予定になっている。

意外と知られていないことだが、実は映画祭が行われているのは、いわゆるヴェネチア本島ではなく、船で10分ほどのところに位置するリド島。ここは『ベニスに死す』の舞台で有名なビーチ・リゾートで、観光客でごったがえす本島に比べるとかなりのどかな雰囲気。しかし、そののどかさを全く忘れさせる、衝撃的な映画をいきなり初日から観てしまった! これは明日の記者会見がすごいことになりそう。詳しくはまた!

《text:Ayako Ishizu》

特集

関連記事

特集

page top