コメディ 『Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!』作品情報

2008年1月19日 公開の映画作品

あらすじ

くじ引きで南仏への旅行券を当てたビーン(ローワン・アトキンソン)は、新しいビデオカメラを手にユーロスターでパリへと向かう。その途中駅で出会ったロシアの映画監督、エミール(カレル・ローデン)に撮影を頼むが、あれこれ注文しているうちに列車が発車、エミールをホームに残して、ビーンは車中でエミールとはぐれた息子・ステパンと2人きりに…。慌てたビーンはステパンを連れて次の駅でエミールを待つが、何と次の列車は駅を通過。その頃エミールはビーンを誘拐犯だと思い込み、警察に駆け込んだために、全仏規模のビーン捜索が開始してしまった…! ミスター・ビーンのフランス縦断カンヌ行き、爆笑アドベンチャーが幕を開ける!

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

スティーヴ・ベンデラック

キャスト

  • ローワン・アトキンソンMr.ビーン
  • カレル・ローデンエミール

作品データ

  • 2008年1月19日より日比谷みゆき座ほか全国にて公開
  • 原題MR. BEAN'S HOLIDAY
  • 製作年2007
  • 製作国イギリス,ドイツ,フランス
  • 上映時間89分
  • 映倫区分
  • 配給会社東宝東和
  • クレジット© Universal Pictures. 2007 The unit photographer is Giles Keyte
  • 公式サイト

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

『Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!』関連記事

気になるお正月映画って?vol.2 笑って2008年。Mr.ビーンとご一緒に 画像
コラム

気になるお正月映画って?vol.2 笑って2008年。Mr.ビーンとご一緒に

笑うっていいですね。悲しいことがあっても、辛いことがあっても、笑えばなんだか、背負ったものが少し軽くなるような気がしてきます。もちろん、笑うことで問題が解決するわけではないけれど、ちょっぴり心に余裕が生まれ、問題を客観視できるようになるのは事実です。『Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!』をおすすめするのは、だからこそ。年明け早々、大笑いしたい。そんな人には断然おすすめなのです。

「応援隊長なんだからがんばりなさい」Mr.ビーンからのプレゼントにぐっさん感激! 画像
レポート

「応援隊長なんだからがんばりなさい」Mr.ビーンからのプレゼントにぐっさん感激!

1990年にイギリスで放映された「ミスター・ビーン」。英国紳士の外見とは裏腹なキテレツキャラ&ブラックジョーク連発の本ドラマは日本でも放映され(しかもNHKで!)高視聴率を記録。1997年には劇場版『ビーン』も製作された。セリフはなく、全身を使ったおかしな身振りと顔芸で人気となった主役のミスター・ビーンことローワン・アトキンソンが『Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!』 のプロモーションで緊急来日。12月4日(火)に開催された試写会で舞台挨拶を行った。

世界の映画館 vol.07 ケアンズ 画像
コラム

世界の映画館 vol.07 ケアンズ

『プリシラ』、『マッドマックス』と僕が大好きなオーストラリア映画がある。どちらもオーストラリアらしい広大な土地の中のドライビングシーンが印象的である。きっと映画館も広大に違いないと何の根拠もなくケアンズの映画館にやってきた。

page top