『20世紀少年 第1章』作品情報

2008年8月30日 公開の映画作品

あらすじ

1969年、夏。小学生のケンヂは、オッチョやドンキー、ユキジら同級生と空き地に秘密基地を作った。そこで彼らは、悪の組織や世界征服、人類滅亡計画、それを阻止する正義の味方といった空想が描かれた「よげんの書」で遊んでいた。1997年。ロックスターになる夢を諦め、失踪した姉の赤ん坊の面倒を見る、冴えない日常を送っていたケンヂ(唐沢寿明)は、お得意先一家の失踪とドンキーの死を機に生活が一変。巷では“ともだち”と呼ばれる教祖率いる教団が出現し、ケンヂたちが子供の頃に作った「よげんの書」そっくりの怪事件が頻発していた。これは、“ともだち”の仕業なのか? “ともだち”の正体は、かつて一緒に遊んだ仲間なのか? そして、「よげんの書」に書かれた人類が滅亡する“その日”がやってくる! 浦沢直樹の「20世紀少年」を『トリック』の堤幸彦が実写映画化。

スタッフ

監督

堤幸彦

キャスト

作品データ

  • 2008年8月30日より全国東宝系にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 1999浦沢直樹 スタジオナッツ/小学館 © 2008「20世紀少年」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『20世紀少年 第1章』関連記事

唐沢寿明のヘンテコ挨拶もこれが見納め? 『20世紀少年』ラスト10分も解禁に! 画像
レポート

唐沢寿明のヘンテコ挨拶もこれが見納め? 『20世紀少年』ラスト10分も解禁に!

浦沢直樹の傑作コミックを原作に、総製作費60億円を注ぎ込んで製作された3部作映画『20世紀少年』。昨年8月に公開され興収約40億円を記録した第1章、続く第2章の大ヒットを経て、遂に完結編『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』が8月29日(土)に公開初日を迎えた。公開まで一切伏せられていたラスト10分の謎も解禁され、興奮渦巻く初回上映後、堤幸彦監督をはじめ、主演の唐沢寿明に豊川悦司、常盤貴子、香川照之、平愛梨、石塚英彦(ホンジャマカ)、山寺宏一、佐野史郎の総勢9名が舞台挨拶に登壇した。

謎に包まれたラスト10分、あなたはどう判断する? 遂に完結!『20世紀少年』 画像
コラム

謎に包まれたラスト10分、あなたはどう判断する? 遂に完結!『20世紀少年』

浦沢直樹の同名コミックを映画化し、第1章、第2章共に大ヒットを記録したシリーズ3部作の最終章。世界の滅亡に向かって暗躍する“ともだち”と、彼の暴走を止めようとする者たちの戦いがついに完結する。

トヨエツ、現役引退で解放感? 『20世紀少年』ラストに向けてカウントダウン! 画像
レポート

トヨエツ、現役引退で解放感? 『20世紀少年』ラストに向けてカウントダウン!

累計発行部数2,800万部、世界13か国で翻訳出版される浦沢直樹の大ベストセラー・コミックを3部構成で映画化した『20世紀少年』。1年に及ぶ撮影期間を経て、昨年の8月に第1章、今年1月に第2章と公開されてきた本作が、遂に完結! 『20世紀少年<最終章>ぼくらの旗』が8月29日(土)より公開される。これに先立ち、7月28日(火)、本作の完成披露イベントが開催され、主演の唐沢寿明に豊川悦司、常盤貴子、香川照之、平愛梨、石塚英彦(ホンジャマカ)、宮迫博之(雨上がり決死隊)、山寺宏一、佐野史郎に原作者の浦沢直樹、企画・脚本の長崎尚志の総勢11名が登場した。

平愛梨号泣に温かい拍手の一方で、ユースケセクハラ満載トークに会場ドン引き? 画像
レポート

平愛梨号泣に温かい拍手の一方で、ユースケセクハラ満載トークに会場ドン引き?

「YAWARA」、「MONSTER」といったヒット作を世に送り出してきた浦沢直樹の大人気漫画を豪華キャスト陣を結集して映画化した『20世紀少年』。昨年公開された第1章に続く『20世紀少年<第2章> 最後の希望』が1月31日(土)に公開を迎えた。初回上映後には舞台挨拶が行われ、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、平愛梨、ユースケ・サンタマリア、小池栄子、木南晴夏、そして堤幸彦監督が登壇した。

元&現役肥満児たちが大集合? 『20世紀少年』完成披露イベント 画像
レポート

元&現役肥満児たちが大集合? 『20世紀少年』完成披露イベント

累計発行部数2,000万部を超える、浦沢直樹の人気漫画を総製作費60億円を投入して3部構成で映画化した『20世紀少年』。その第1章が8月30日(土)に公開を迎えるが、これに先駆けて8月7日(木)、本作の完成披露イベントが開催され、主演の唐沢寿明に豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦(ホンジャマカ)、宮迫博之(雨上がり決死隊)、宇梶剛士、佐々木蔵之介、佐野史郎に原作者の浦沢直樹、企画・脚本の長崎尚志、そして堤幸彦監督が登場した。さらに、この日は劇中にも登場する巨大ロボットが出現し、会場は大きな盛り上がりを見せた。

“ともだち”に原作と異なる新解釈! 『20世紀少年』 引退を懸けて臨むのは誰?  画像
レポート

“ともだち”に原作と異なる新解釈! 『20世紀少年』 引退を懸けて臨むのは誰? 

累計発行部数2,000万部超、世界12か国で翻訳出版されている人気漫画「20世紀少年」(小学館刊)。つい先日発表された第37回日本漫画家協会賞で大賞を獲得した本作が、が、総製作費60億円をかけて三部作として映画化される。8月30日(土)の第1章公開に向けて、これまで徐々にキャスト陣や本編映像の一部が発表されてきたが、5月11日(日)に製作報告会見が行われた。堤幸彦監督に奥田誠治プロデューサー、原作者の浦沢直樹、企画・脚本の長崎尚志、そして主演の唐沢寿明を始め、豊川悦司、常盤貴子、黒木瞳、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、佐々木蔵之介、中村嘉葎雄、石橋蓮司、佐野史郎、片瀬那奈らスタッフ・キャスト陣合わせて16名が出席した。

page top