『ブラインドネス』作品情報

2008年11月22日 公開の映画作品

あらすじ

ひとりの男が、突然失明した。それは悪夢の始まりだった――。原因不明、治療法もない、そして爆発的な感染力を持つ「白い病」が世界各地で発生。混乱を恐れた政府は、かつて精神病院として使われていた収容所へ、失明患者の強制隔離に着手する。止められない伝染病の蔓延に、不安と恐怖に駆られ、醜い争いを始める人々。しかしその中に唯一“見える”人間が、盲目を装い紛れ込んでいた…。ノーベル賞作家、ジョゼ・サラマーゴの「白の闇」を、『シティ・オブ・ゴッド』『ナイロビの蜂』のフェルナンド・メイレレスが映画化した心理パニック・サスペンス。

スタッフ

監督

フェルナンド・メイレレス

キャスト

作品データ

  • 2008年11月22日より丸の内プラゼールほか全国にて公開
  • 原題BLINDNESS
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 Rhombus Media/O2 Filmes/Bee Vine Pictures
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ブラインドネス』関連記事

【ハリウッドより愛をこめて】伝説の女優役にアンジー、C・Z・ジョーンズが名乗り? 画像
コラム

【ハリウッドより愛をこめて】伝説の女優役にアンジー、C・Z・ジョーンズが名乗り?

60年代の音楽好きのみなさん、とっておきのニュースが到着しましたよ! 長年にわたり、伝説のシンガーソングライター、ジャニス・ジョプリンにまつわる映画が製作されているといううわさが流れていました。ジョプリンはそのハスキーな歌声、素晴らしい詞と曲、そしてドラッグの乱用で知られるアーティストです。彼女はドラッグの過剰服用により、1970年に27歳という若さで他界しました。そして、ハリウッドではこの波乱万丈のジョプリンの人生を描いた映画を製作しようという動きがここ数年、度々起きていました。

「ここ一番で強いのは女性!」ビビり屋(?)の伊勢谷友介、強い木村佳乃に恐縮 画像
レポート

「ここ一番で強いのは女性!」ビビり屋(?)の伊勢谷友介、強い木村佳乃に恐縮

1995年に刊行された、ポルトガル出身のノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの「白の闇」(NHK出版刊)が映画化。人々が次々と視力を奪われる奇病が発生、秩序が失われ、恐怖と絶望に覆われた社会で、何とか生きのびようとする人々の姿を描いた『ブラインドネス』が11月22日(土)に公開を迎えた。世界各国からスタッフ、俳優たちが集結した本作に日本から参加し、劇中で夫婦役を演じている伊勢谷友介と木村佳乃、そして本作の日本側のプロデューサーを務めた酒井園子が初日の舞台挨拶に登壇した。

ジュリアン・ムーア「こんなに融通が利く仕事ないって自分に言い聞かせてるわ(笑)」 画像
インタビュー

ジュリアン・ムーア「こんなに融通が利く仕事ないって自分に言い聞かせてるわ(笑)」

突然の伝染病の蔓延で次々と人々が視力を失っていく世界。秩序もモラルも失われ、狂気と暴力が錯綜する社会にたった一人だけ“見えている”女性がいた——。『シティ・オブ・ゴッド』の鬼才フェルナンド・メイレレスがノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの傑作小説を映画化した『ブラインドネス』。本作で、“光”を失っていないただ一人の女性を演じたジュリアン・ムーアに話を聞いた。

映画、この視点vol.1 人間の本質を見る『ブラインドネス』 画像
コラム

映画、この視点vol.1 人間の本質を見る『ブラインドネス』

ブラジル出身の注目監督、フェルナンド・メイレレス。アカデミー賞監督賞にもノミネートされた『シティ・オブ・ゴッド』で一気に世界にその名を知られ、『ナイロビの蜂』でさらに多くの人々の心を掴んだ彼。新作は、ジュリアン・ムーア主演の『ブラインドネス』。原作はジョゼ・サラマーゴによる小説。一人の男の失明に始まった原因不明の伝染病が世界に蔓延するという物語。でも、物語からイメージするようなパニック映画ではありません。パニック映画の様相を呈した、痛いぐらいに人間の本質に迫るヒューマンドラマとでも言いましょうか。社会を構成する全員の目が見えなくなることにより、社会を形成していた秩序が崩れ、人々の原始的な部分、動物的な部分が露出していくのです。

【TIFFレポート12】『ブラインドネス』伊勢谷、佳乃らが地球にメッセージ! 画像
レポート

【TIFFレポート12】『ブラインドネス』伊勢谷、佳乃らが地球にメッセージ!

『シティ・オブ・ゴッド』で世界中の絶賛を浴びたフェルナンド・メイレレスが、視力を失った人々がその本性をさらけ出していくさまを描いた『ブラインドネス』。10月19日(日)、本作が特別招待作品として上映され、メイレレス監督を始め主演のジュリアン・ムーア、伊勢谷友介、木村佳乃が舞台挨拶に登壇した。

【TIFFレポート09】J・ムーア、特大まんじゅうに大喜び! 『ブラインドネス』 画像
レポート

【TIFFレポート09】J・ムーア、特大まんじゅうに大喜び! 『ブラインドネス』

驚異的な力で人間の視力を奪う原因不明の伝染病“ブラインドネス=白の病”により、恐怖とパニックに陥った人々を描いた『ブラインドネス』。ブラジルの鬼才、フェルナンド・メイレレスの指揮により日本・ブラジル・カナダのキャスト・スタッフが集結した本作が、日本での公開に先駆けて、東京国際映画祭の特別招待作品として上映された。昨日の上映から一夜明け、10月20日(月)、来日中のジュリアン・ムーアと共演の伊勢谷友介、木村佳乃、脚本のドン・マッケラー、プロデューサーのニヴ・フィッチマンと酒井園子、そしてメイレレス監督による記者会見が行われた。

【カンヌレポートvol.02】『ブラインドネス』は海外の女性記者からも高評価! 画像
レポート

【カンヌレポートvol.02】『ブラインドネス』は海外の女性記者からも高評価!

さて、長い長い移動と時差ボケの末(今年は少しでも費用を浮かそうと、成田からソウル経由でパリに飛び、さらにフランスの新幹線TGVでカンヌ入りしたので待ち時間を除いても20時間以上かかった…)、ついに迎えた映画祭初日。

【カンヌ国際映画祭】木村佳乃&伊勢谷友介の『ブラインドネス』がオープニングを飾る 画像
スクープ

【カンヌ国際映画祭】木村佳乃&伊勢谷友介の『ブラインドネス』がオープニングを飾る

もしも全世界の人々の視覚が失われてしまったら…。謎の伝染病“白い病”に冒された人々の不安と恐怖を描いたパニック・サスペンス『ブラインドネス』。『ナイロビの蜂』のフェルナンド・メイレレス監督、ジュリアン・ムーア、ガエル・ガルシア・ベルナル、伊勢谷友介、木村佳乃ら国境を越えた豪華キャストで贈る本作が、来る第61回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品されると同時に、オープニングで上映されることが決定した。

page top