『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』作品情報

2009年2月7日 公開の映画作品

あらすじ

90年代初頭の旭山動物園は、入園者数が減り続け、廃園を迫られていた。存続を願う園長の滝沢(西田敏行)と飼育係たちは、独自のアイディアを14枚分のスケッチへと集約した。そして、飼育係しか知らない動物たちの習性や特徴を、直接入園者へ説明するワンポイントガイドや広報誌の発行、さらには市民への講演などを行った。そして、徐々に市民の支持を取り戻して行った。そんな矢先、人気者のゴリラが感染症にかかり、突然死んでしまう。マスコミを大きく賑わしたこの事件により、営業停止に追い込まれる。存在価値を問われる旭山動物園――。こうして、数々の試練と苦境を乗り越え、奇跡の動物園と呼ばれるまでに至った、園長と飼育係たち、そして動物たちの感動のサクセスストーリー。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

マキノ雅彦

キャスト

作品データ

  • 2009年2月7日より角川シネマ新宿ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008『旭山動物園物語』製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』関連記事

元気になれる動物映画vol.1 絶対行きたい! 逆境に打ち勝った日本最北の動物園 画像
コラム

元気になれる動物映画vol.1 絶対行きたい! 逆境に打ち勝った日本最北の動物園

2009年が明けました! ご挨拶が遅れましたが、今年も何卒よろしくお願いいたします。さて、お正月休み、素敵な映画と出会いましたか? 今年も、勢いの良い邦画はもちろん各国から届いた多くの映画が公開されます。100年に一度とも言われる大不況ではありますが、こんなときこそ映画からパワーをもらいたいもの。今年最初にご紹介するのは、まさに元気をもらえる作品です。

【TIFFレポート14】動物たちもカメラを前に一生懸命? 『旭山動物園物語』 画像
レポート

【TIFFレポート14】動物たちもカメラを前に一生懸命? 『旭山動物園物語』

幾たびもの閉園の危機を乗り越えて、いまや日本で最も多くの来場者を誇る動物園となった北海道旭川市の旭山動物園。園長以下、飼育員たちが協力し、時にぶつかり合いながら、動物園を変えていこうと奮闘する姿を描いた『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』。マキノ雅彦(=津川雅彦)監督の3作目となる本作が、特別招待作品として10月20日(月)に上映された。上映前には舞台挨拶が行われ、マキノ監督に中村靖日、前田愛、堀内敬子、萬田久子ら俳優陣、そして原案を手がけた旭山動物園園長・小菅正夫が登壇した。

page top