『ブロークン』作品情報

2008年11月15日 公開の映画作品

あらすじ

ロンドンに暮らすX線技師のジーナ(レナ・ヘディ)は、父親(リチャード・ジェンキンス)の誕生日を恋人のステファン(メルヴィル・プポー)、弟のダニエル(アシエル・ニューマン)とその恋人・ケイト(ケイト・コールマン)と一緒に祝っていた。すると突然、宴の真っ最中に、大鏡が激しく割れ落ちる。5人は「鏡が割れると7年間不幸が続く」という迷信を口に出しては笑って過ごすが、その鏡が彼らにもたらした不幸はそれ以上だった…。翌日、ジーナは自分と瓜二つの他人とすれ違い、その衝撃から不慮の事故に遭遇してしまう。幸運にも命に別状はなかったが、後遺症として事故前後の記憶をなくし、恋人・ステファンのことも別人のような違和感を覚える。その頃、あの場に居合わせたほかの4人にも異変が起きていた…。イギリスの街を舞台に、緊張感の張りつめたスリリングな展開を写し出したシンメトリー・サスペンス。メガホンを取ったのは、『フローズン・タイム』の新鋭ショーン・エリス。

スタッフ

監督

ショーン・エリス

キャスト

作品データ

  • 2008年11月15日よりテアトルタイムズスクエアほか全国にて公開
  • 原題The Broken
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 LEFT TURN FILMS/THE BROKEN FILMS ALL RIGHTS RESERVED.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top